ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者1/2ページ

ソフトバンク打線を封じた佐々木朗。開幕から負けなし=20日、ペイペイドーム
ソフトバンク打線を封じた佐々木朗。開幕から負けなし=20日、ペイペイドーム

令和の怪物として君臨するロッテ・佐々木朗希投手(20)。20日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で6回を4安打1失点9奪三振で、開幕から負けなしでリーグトップに並ぶ5勝目。「早い段階で点を取ってもらったので、思い切って投げることができた」と胸を張った。次は24日から始まるセ・パ交流戦で阪神・佐藤輝明内野手(23)へのリベンジに期待がかかる。

両者が対決したのは昨年7月、東京五輪開催に伴い設定された「プロ野球エキシビションマッチ」での一戦(甲子園)。初回に佐々木朗が投じた低めの155キロの速球を左翼ポール際に運ぶ先制2ランを放った。2打席目は三振に抑えられたが非公式戦ながらパ・リーグで成長著しかった投手相手に実力を見せつけたことで、佐藤輝の存在がさらに注目を集めるきっかけにもなった。

1年たった今年、2人は両リーグ若手きっての「顔」になった。佐々木朗は4月10日のオリックス戦で28年ぶりの完全試合を達成。その後一旦抹消されたが、戦線復帰した今月6日、本拠地でのソフトバンク戦は平日にもかかわらず満員のファンを呼び寄せるなど人気と実力を兼ね備えた投手として成長した。一方、佐藤輝も18日のヤクルト戦(神宮)で阪神・岡田彰布元監督以来41年ぶりの新人から2年連続10本塁打を達成。開幕9連敗がいまだに尾を引く中で打線の中心に座りチームを引っ張る存在になっている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  5. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  6. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  7. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  8. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

  9. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

  10. 秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ