ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者1/2ページ

ソフトバンク打線を封じた佐々木朗。開幕から負けなし=20日、ペイペイドーム
ソフトバンク打線を封じた佐々木朗。開幕から負けなし=20日、ペイペイドーム

令和の怪物として君臨するロッテ・佐々木朗希投手(20)。20日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で6回を4安打1失点9奪三振で、開幕から負けなしでリーグトップに並ぶ5勝目。「早い段階で点を取ってもらったので、思い切って投げることができた」と胸を張った。次は24日から始まるセ・パ交流戦で阪神・佐藤輝明内野手(23)へのリベンジに期待がかかる。

両者が対決したのは昨年7月、東京五輪開催に伴い設定された「プロ野球エキシビションマッチ」での一戦(甲子園)。初回に佐々木朗が投じた低めの155キロの速球を左翼ポール際に運ぶ先制2ランを放った。2打席目は三振に抑えられたが非公式戦ながらパ・リーグで成長著しかった投手相手に実力を見せつけたことで、佐藤輝の存在がさらに注目を集めるきっかけにもなった。

1年たった今年、2人は両リーグ若手きっての「顔」になった。佐々木朗は4月10日のオリックス戦で28年ぶりの完全試合を達成。その後一旦抹消されたが、戦線復帰した今月6日、本拠地でのソフトバンク戦は平日にもかかわらず満員のファンを呼び寄せるなど人気と実力を兼ね備えた投手として成長した。一方、佐藤輝も18日のヤクルト戦(神宮)で阪神・岡田彰布元監督以来41年ぶりの新人から2年連続10本塁打を達成。開幕9連敗がいまだに尾を引く中で打線の中心に座りチームを引っ張る存在になっている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  5. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  6. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  7. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

  8. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  9. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  10. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ