5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術

頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を1/2ページ

通勤の足取りがあまりにも重い。そんなときは要注意
通勤の足取りがあまりにも重い。そんなときは要注意

休みボケが長引き、仕事の凡ミスも続くと気分は落ち込みがちだ。自分を責めながら奮起しようとしても、力が湧いてこない。「自分はいったいどうなったのか?」と思うようなことが続いたら、うつ(鬱)病の可能性があるので注意が必要だ。

「うつ病は、なりやすい素因に加えて、さまざまなストレスがあると発症しやすくなります。長期休暇などの環境の変化に伴うストレスや、休み明けのストレスをきっかけに発症してしまう人もいます」

こう話すのは、杏林大学名誉教授の古賀良彦医師。うつ病の診断・治療・研究を数多く手掛けてきた。

「うつ病の症状は、必ずしも気分の落ち込みが目立つわけではありません。やる気が失われて、頭が上手く働かない、体を思うように動かせないなど、思考や身体活動にブレーキがかかる症状もあるのです」

うつ病の症状は多様だ。気分の落ち込みやイライラなどの気分障害、やる気がでないといった意欲の喪失、体を動かす気持ちも失われ、思考にもブレーキがかかる。加えて、めまい、耳鳴り、腹痛など、自律神経に関わる症状も引き起こす。

連休などで体内時計が乱れても、自律神経症状が出ることがあるだろう。また、朝起きられない、仕事をするのがおっくうなど、以前のようにバリバリ働く気力が失われる人もいる。どこまでが休みボケで、どこからがうつ病なのか。早期段階での線引きは難しい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  5. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  6. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

  7. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  8. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  9. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  10. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ