プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人2/2ページ

■浴室、ガレージ

オリガルヒの富豪をめぐっては、1月に投資会社ガスプロム・インベスト幹部のレオニド・シュルマン氏が浴室で、ウクライナ侵攻後の2月には同グループのガスプロム幹部のアレクサンドル・チュリャコフ氏が自宅ガレージで、それぞれ遺体で発見された。

4月にガスプロムバンク元副社長のウラジスラフ・アバエフ氏が妻と娘と「無理心中」した翌日、天然ガス大手ノバテク元副会長のセルゲイ・プロトセニャ氏一家の「心中」も発覚した。今月8日には石油会社ルクオイルのアレクサンドル・スボチン氏が、霊媒師とされる人物宅の地下室で死亡するなど、少なくとも8人のオリガルヒとその家族らが不審死している。

■マフィア殺害か

「8人もいるだけに自殺の可能性は低い」と疑うのは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏。「ロシアにはとどまれないとみて海外逃避をもくろむ富豪間でトラブルが発生し、マフィアらを用いて、殺害に及んだ可能性もある」と推測する。

米紙ニューヨーク・ポストは、ロシアの諜報機関がエネルギー産業幹部の名前を含むリストを作成していたと報じた。対外諜報機関による秘密工作の資金調達に関する情報漏洩(ろうえい)を疑ったためだという。

前出の中村氏はオリガルヒの不審死について「連邦保安局(FSB)第6局が関与した可能性がある。プーチン氏とオリガルヒの利益を守るために創設された部署といわれており、内部情報を知る『裏切り者』を見せしめに殺害した可能性がある」との見方を示す。

オリガルヒの動向はプーチン政権にとってもダメージが大きい。中村氏は「西側が制裁を打ち出すことによってオリガルヒの分断は加速し、政権に不利な状況が続くだろう」と語った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. トランプ前大統領に〝スパイ容疑〟機密文書11件を押収 「捜査は不当」と大激怒 「共和党潰し」の声も 「韓国のようで、異例ずくめ」識者

  2. 最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」

  3. 「完全食」の栄養と味の両立、どこまでパーフェクト? ジャンクフードに見えるけど… 夕刊フジ記者が実食 専門家「何か加えるなら食感あるものを」

  4. 【BOOK】サブカルチャーはメディアで語るべし 映画監督・押井守さん「押井守のサブぃカルチャー70年」

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【芸能ニュース舞台裏】三宅一生さん死去 特徴的だったテレビ報道〝街の声〟収録場所は「表参道」

  7. 韓国側、岸田首相の顔に泥か!? 朴外相「日本政府も誠意を持って前向きに応じる」 元徴用工問題めぐり都合のいい情報流れる

  8. 【シニアライフよろず相談室】介護とお金(3) 要介護認定で障害者控除が受けられる可能性 認定基準などは自治体によって異なるので要注意

  9. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ