阪神〝伝統の一戦〟で11年ぶり3カード連続勝ち越し! 宿敵にだけ健闘のワケ 「巨人には…という強い意識がないのが逆にいい」球団関係者1/2ページ

伊藤将(中央)らに巨人への苦手意識はない=22日、甲子園
伊藤将(中央)らに巨人への苦手意識はない=22日、甲子園

最下位低迷にあえぐ矢野阪神が22日の〝伝統の一戦〟巨人戦(甲子園)に連勝し、何と11年ぶりとなる対巨人3カード連続の勝ち越しに成功した。

コロナ感染で離脱していた2年目左腕・伊藤将司投手(26)が無四球でプロ初完封を飾れば、佐藤輝明内野手(23)ら打線も奮起。先制打の近本光司外野手(27)はプロ通算100盗塁もマークした。

矢野燿大監督(53)は伊藤将に「素晴らしかった。今日は岩崎を使う予定はなかったので最後までいってくれて助かった。申し分ないです」と労をねぎらった上で「まだまだチームの状態を上げていかないとダメだと思いますが、何かのきっかけが交流戦となるようにしたい」と今後を見据えた。

それにしても今季の阪神は悪夢の開幕9連敗が尾を引き、今もつらい日々が続いているが、こと巨人にはこれで7勝5敗と相性の良さを見せている。目下、ヤクルトに4勝8敗、中日に3勝5敗、DeNAに3勝4敗と苦戦し、広島には7敗1分けといまだ勝ち星がない状況で、宿敵にだけはナゼか健闘している。

阪神は星野仙一元監督が「巨人はオレのビタミン剤。他のチームに勝つのとは違う」などと話したように、歴代の監督が目の色を変えてきたが、対戦成績では大きく水をあけられてきた。しかし、昨年は優勝こそ僅差で逃したものの、巨人には13勝9敗3分けで14年ぶりのカード勝ち越しを決めている。これが自信になったのか。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  9. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  10. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ