抜群の収納力、そして究極に涼しい「多ポケット軽量メッシュベスト」で今年の夏を手ぶらで快適に楽しもう!1/1ページ

大収納10ポケット仕様の涼やかメッシュベスト
大収納10ポケット仕様の涼やかメッシュベスト

「産経ネットショップ」のイチオシ商品を編集部の記者が実際に試してレビューする本企画。今回は、リュックやカバンを持ち歩かなくても、たくさんのアイテムを携行することができる多ポケット型メッシュベストを紹介します。プライベートで外出するときは、なるべく手ぶらで出かけたい。でも、コロナ禍で感染予防対策が求められる昨今、必要最小限でも結構な荷物が…。そんな悩みを抱える方は注目です。


「この収納力を推さずにはいられない」-。今回紹介する「ダンロップ・リファインド 多ポケット軽量メッシュベスト」を試着した素直な感想です。おそらく、このベストを着用した経験のある方の大半は、同様の感想をお持ちになるかと思います。ズバリそこが、この商品の最大の魅力だからです。


ダンロップのスポーツカジュアルライン「DUNLOP REFINED(ダンロップ・リファインド)」が手掛けるこのベストは、産経ネットショップで毎年すぐに完売するという夏の大ヒット商品。昨年は約150着を販売したそうで、今年はネイビーとシルバーに加えて新色のカーキを追加しました。


今年は新色のカーキ(画像右)を追加


3色の中から今回は大好きなネイビーを選択。蒸し暑くなるこれからの季節に向けたこのベストはポリエステル100%で、ほぼ全面にメッシュ素材を採用しています。最初にベストを手に取ったときの印象は「薄い」と「軽い」でした。


大きさは幅広い体型に対応したS、M、L、LL、3Lの5サイズを用意。身長172センチ、体重65キロの記者はMサイズを着用しました。羽織ったときの印象は、胴回りにかなりの余裕があるということです。これなら肉付きのいい人はもちろん、梅雨の季節にレインウェアなどを合わせても、ゆったりと着ることができそうです。着丈はヒップより上なので、ズボンのポケットに干渉せず、使い勝手は良さそうです。着用時は前部のファスナーでジップアップするタイプで、ファスナーはみぞおち辺りまで引き上げることができます。


産経ネットショップスタッフMサイズ着用(身長171cm)


試着日は、気温が20度に達した散歩日和の上天気。近所にあるお濠沿いの散歩道を2時間かけて散策しました。記者が近所を散歩する時の基本的な持ち物は、スマートフォン、財布、ポケットティッシュ、家の鍵ですが、これからの季節はタオルや汗拭きシート、虫よけスプレーや虫刺されの薬なども必須アイテムとなってきます。脱水症の予防として、ペットボトルも欲しいところです。ただし、これらすべてを持ち歩こうとすると、どうしてもリュックやカバンが必要になります。個人的には、近所を散歩するためにカバンを持ち歩くことに多少の煩わしさを感じることがよくありました。そんな煩雑さから解放してくれたのが、今回試着したベストでした。


なんといっても最大の特長は、ベストの表と裏側に配置した合計10個のポケットです。外側には計6個(両胸、両脇、縦方向の前ファスナーポケット)があり、胸と脇のボタン付きポケットには、雨や塵からポケットの中身を守るフラップが付いています。胸の小型ポケットにはライターやポケットティッシュなどの小物を入れるのに便利そう。両脇のポケットは外付けタイプなので、財布やハンドタオル、ペットボトルといったかさばりやすいアイテムもぎゅっと押し込むことができます。鍵や通帳、ハンコなどの貴重品を持ち歩くような場面でも、2つの大きなファスナーポケットがあるので安心です。


(左)胸ポケット (中)脇ポケット (右)縦方向の前ファスナーポケット


手ぶらで外出する際は、スマートフォンや鍵、財布をズボンのポケットに入れることが多いのですが、これだとズボンがパンパンに膨れ上がり、はき心地も見た目も妥協せざるを得ません。今回はこれらすべての持ち物が、ベストの外ポケットにきれいに収まりました。ズボンのお尻周りがスッキリとした状態で外出できることに少し感動してしまいました。


外見だと分かりづらいのですが、実は内側の4個のポケットが想像以上の収納性能を発揮します。大きい方のポケットは約20センチ×20センチの正方形で、これならフェイスタオルも余裕で入ります。ダメ元で試してみたところ、なんと、B5サイズのキャンパスノートも収納できました。B5以下のメモ帳であれば、すっぽりと簡単に入れることができます。また、脇ポケットや内側の面ファスナーポケットなら、ポケットサイズの図鑑や旅行ガイドも余裕で収納可能。「植物」や「昆虫」の図鑑を持って、アレコレと調べ物をしながら散策するのも楽しそうですね。折り畳み傘も収納できるので、万が一の雨の時には簡単に傘をさすことができます。カバンを持っていると、傘を持つことすら煩わしく感じますから、この収納力はありがたいですね。


内側のポケットには手帳や500mlのペットボトルも収納可能


表の外付けポケットには、多少大きなものを入れても、ベストの形が大きく崩れるようなこともありませんでした。ただし、持ち物の重さが片方に偏るとベストが重たい方に引っ張られてしまい、せっかくのスタイルが台無しに…。これを防ぐためには、左右両側のポケットに持ち物をバランスよく入れ、さらに前部のファスナーをしっかり止めてベストがヨレないようにすることがポイントです。


手ぶらでお出かけ可能な収納力。ただし荷物を入れすぎると重くなるので注意


このベストがメッシュ仕様だという点もこれからの季節にピッタリ。初夏の日差しを浴びながらの散歩でしたが、メッシュ効果で風通しが良かったせいか、蒸し暑さや、背中がムレるような不快感はありませんでした。おまけに速乾性の高いポリエステル素材なので、万が一、汗などで濡れたとしても、少し干しておくだけですぐに乾きそう。これならジメジメとした梅雨の時期でも、どんなに暑い夏場でも涼しく快適に過ごせそうです。ベストの重量は約200グラム。しかもシワになりにくく、畳んでコンパクトにできるので持ち運びにも便利そうです。


通気性抜群のメッシュ仕様。折り畳めばコンパクトに


これから本格化する梅雨や夏の到来を前に、大収納&通気性抜群のメッシュベストをゲットして、ぜひ手ぶらで快適な外出を楽しんではいかがですか?


「ダンロップ・リファインド 多ポケット軽量メッシュベスト」の販売価格は4389円(税込)。産経ネットショップでは、届いてから14日以内であればサイズ交換可能(※)で、返品往復送料も1回は無料なので、気軽に注文しやすいのも嬉しいですね。


価格はすべて税込み、5,000円以上の購入で送料無料(5,000円未満は送料一律500円)。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、5000円以上のお買い物で使える500円オフクーポンが貰えるのでお得になります。<産経ネットショップ>


※破損・汚損・においの付着など商品に使用感が見受けられる場合、商品タグの紛失や破損がある場合は交換不可となります。ご利用ガイド「返品・交換」を必ずご確認の上、お申し込みください。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  5. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  8. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

  9. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  10. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ