転移した病巣だけ見つかる「原発不明がん」治療新薬承認で進歩期待 免疫チェックポイント阻害薬「ニボルマブ」の有効性確認 国内患者は年8000人1/2ページ

国立がん研究センター中央病院の米盛勧・腫瘍内科科長
国立がん研究センター中央病院の米盛勧・腫瘍内科科長

「原発不明がん」という、聞き慣れない病気がある。最初にできたがんの「原発巣」が見つからず、転移した病巣だけが見つかるがんのことだ。がん全体の1~5%を占め、日本では推定で年7000~8000人。標準治療が確立しておらず、治療成績もかんばしくないものの、新しい薬が承認され今後の治療、研究の進歩が期待されている。専門家に聞いた。

原発巣が見つからないとはどういうことか。

国立がん研究センター中央病院の米盛勧・腫瘍内科科長は「がんは一般的に原発巣から進行して転移していくと理解されているが、このがんは、転移先のがんが見つかってもその原発巣が見つからない」と説明する。

がんは発生後に小さくなったり、なくなったりする場合があるため、原発巣のがんが消え、転移先だけで増殖すると原発不明がんという状況が生じる。実際にこのがんで亡くなった人を調べても20~50%は原発巣が見つからず、消えた可能性があるという。

がんは通常、発生部位の臓器や組織によって症状や検査結果に特徴があり、治療もそれに沿って進められる。原発不明がんではそうはならない。米盛さんによると、原発巣探しで、専門病院への紹介が数カ月遅れになることもあるという。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  7. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  8. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  9. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  10. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ