歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外1/3ページ

独特な世界観をもった「AL―MAUJ」
独特な世界観をもった「AL―MAUJ」

1982年のデビュー後、あっけないほどのスピードでスターの階段を上り詰めていった中森明菜。年末の賞レースでも「新人賞」は逃したが、85年と86年には2年連続で「日本レコード大賞」を獲得するなど、文字通り80年代の歌謡界を代表する女性アーティストとなった。

当時を知るベテラン音楽ライターの1人は「バラード調の作品を歌うかと思えば、アップテンポな作品も歌う。同期(82年)のアイドルばかりか、80年代のアイドルの中でも異彩を放っていたことは確かです。明らかに他のアイドルとは一線を画した世界観を築いていました」。

果敢に歌の幅を広げ続ける明菜をそう評価するが、一方で「歌唱力としてのピークならば、おそらく『難破船』から『AL―MAUJ(アルマージ)』、そして『TATTOO』を発売した87年から88年だったのではないか」とも。

実際、ファンの間でもそういう声が多いのも事実だ。ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)で明菜の担当ディレクターだった藤倉克己(現フリー音楽プロデューサー)も「それについては僕も感じていた」とした上で、「この年代の声の質感が一番良かったことは確かですね。もっとも『難破船』や『AL―MAUJ』を挙げるのなら、その前の作品『TANGO NOIR』とか『BLONDE』も引けをとりません。とにかく明菜の声の持っている情感は天性のものだったと思いますね。さらに彼女の中低音は言葉には表せないぐらいに素晴らしかった。もちろん高い音域も良かったけど、ビブラートを加えた中低音のボーカルは他の女性アーティストでは出せない味というか、魅力だったと思っています。もしかしたら骨格が違うのかもしれませんね」。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  5. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  6. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  7. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  8. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

  9. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  10. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

ピックアップ連載

連載一覧へ