テリー伊藤 狸の皮算用

上島竜兵さん死去 演出を超える結果を出す芸人 うらやましいその生き方 また「訴えてやるッ!!」言ってほしかった2/2ページ

ダチョウ倶楽部の芸風は、昨日、成田空港に降りた外国人もすぐわかるもの。そこがすごい。

最近の芸人さんと違って、上島さんには賢さ、インテリジェンス性はみじんも感じられなかった。芸にメッセージもない。コメンテーターとなってウクライナ問題を語るわけじゃない。そこがいいよね。

上島さんは70代80代になっても、自然体で熱湯風呂に入っていると思っていた。力が抜けて、無防備。若い人たちからも慕われて、よく飲み屋に誘われていた。私なんか誘われたことなんてない。

そういう意味でもうらやましかった。ずっと上島さんみたいに生きられたらいいなと思っていた。だから、上島さんが亡くなるなんてこと、考えもしなかった。

1年半ぐらい前だったか、テレビ局で上島さんと会ったとき、「突っ張っているオレなんかと違って、ひょうひょうと生きられる上島さんのことがうらやましいよ。ホント、憧れてます」と言ったのを覚えている。

そのとき、上島さんは「えへへ」と照れ笑いした後、「いややや、テリーさん、仕事ください。ついて行きますから」と返していた。

また、逆バンジーみたいなハチャメチャな仕事、やりかったね。そして、「聞いてないよ~」「訴えてやるッ!!」って言ってほしかった。享年61。謹んでご冥福をお祈りいたします。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  3. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  6. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  7. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  8. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  9. 『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ