テリー伊藤 狸の皮算用

上島竜兵さん死去 演出を超える結果を出す芸人 うらやましいその生き方 また「訴えてやるッ!!」言ってほしかった1/2ページ

上島竜兵さん
上島竜兵さん

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなって2週間。いまもショックを引きずっている。ちょっとした空白の時間があると、上島さんのことを考えている。

私も関わった「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」(日テレ系1989~96年)は、上島さんがいなかったら成立していなかった。一番過激なゲームを、当時若かったダチョウ倶楽部にお願いしたんだけど、コチラの演出が5だとしたら、上島さんたちは8にも10にもしてくれた。演出を超える芸人だった。

例えば「人間粘着ゴキブリ捕り」。クイズに間違えると、ゴキブリ捕りに使われるような粘着物質に落とすわけだけど、上島さんは顔や股間に粘着がつくように落ちてくれた。さすがだった。エスカレートして、クレーンで高くつり上げたら、粘着がお餅みたいに目いっぱい長く伸びて、素晴らしいカットになった。

いま思い出してもニヤッとさせられるのが、「人間スカッドミサイル」という逆バンジー・ジャンプ。上島さんの場合は、ただ飛ばすだけではもったいない。ということで、服が脱げてフルチンになり、そのまま泣きながら上空に消えていった。実に美しいシーンだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  2. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

  4. SPEEDの上原多香子、舞台復帰も道は険し 影落とす過去の不倫報道 ファンから喜びの声の一方で「きちんと説明すべき」と厳しい意見も

  5. 「ちむどんどん」で株急上昇の山中崇 登場する男性キャラが次々やり玉にあげられるも「よき上司」役が好評価

  6. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  7. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  10. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ