ノマドの窓~渡る世間はネタばかり~

ボブ・ディラン81歳!まだまだ歌う 初来日コンサートでただただ打ちのめされた 生き方の指針を決めてしまうほどの存在1/2ページ

やはりディランフリークの浦沢直樹先生直筆のボブ
やはりディランフリークの浦沢直樹先生直筆のボブ

5月24日はボブ・ディランの誕生日。81歳だ。人それぞれに多感な時期、己の生き方の指針を決めてしまうほど影響を受けた存在があるはず。例えば、ビートルズこそ我がアイドル、俺はストーンズひと筋、永ちゃんに一生付いて行くぜ、みたいな。僕の場合は、それがボブ・ディラン。

彼が音楽界に登場して世界を震撼させた1960年代、僕はまだ子供だったが、ティーンエイジになってその名前と音楽に出合い、のめり込んでしまった。当然のごとくフォークギターを抱えハーモニカホルダーを首に引っ掛けて〝暇があったら弾き語り〟の日々が始まる。

「ディランのどこがいいの?」とはよく言われるが「ボブ・ディランだから」としか答えられない。奇妙な声質に、歌っているのか語っているのか叫んでいるのか捉えどころのない歌唱。新しいアルバムを出すたびに「あんた誰?」と言いたくなるほどの変幻自在さ。しいて言えば「だからいい」と言うしかない。あ、こういう「ディランとは……」みたいなことはここでは横に置いておこう。とても1000字コラムで書けることじゃない。それよりも、彼がいかに歌うことが好きか、について書く。

初めて生の姿を見たのは初来日の時、78年の大阪松下体育館。大学2年の僕は3日間通い(そのライブは例によって見たこともないディラン・ワールドだったが)ただただ打ちのめされた。何をやっても付き物の批判を「賛否両論上等」とぶちかまして来る態度に惹かれた。以降、来日のたびに駆けつけたが、忘れられないコンサートとなると、36歳の時に1年間アメリカにいた時に何度か見たディランだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ