テレビ用語の基礎知識

「海外ロケ復活」  各局の番組は「イッテQ!」に続け そろそろテレビ業界も「コロナしばり脱却」1/2ページ

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が5月22日の放送回でいよいよ海外ロケを復活させました。

さすが「イッテQ」は早いですね。ここのところ、ずっとどの海外番組もなかなか海外ロケができませんでしたから、ようやく…といった感じでしょうか。

コロナ禍が始まって以来、どの海外番組も過去素材を使ったり、海外に住む日本人や現地クルーなどに依頼してリモートでロケをしたりと、かなり苦しんできました。

それなりにどの番組のスタッフもリモートロケに慣れてきたようですが、やはり「日本から現地にディレクターが行って、日本人目線で面白いものを発見してこそ」というところはあるようで、いくつかの番組のスタッフから「海外在住の人の取材はイマイチ面白くならない」という嘆きの声を聞きました。

まあ海外番組に限らず、コロナ禍で新しい映像を撮影することができないから、ここのところ「ありものの映像や提供映像だよりの番組」ばかり増えていましたよね。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  3. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  4. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  5. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  8. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  9. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  10. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ