川崎アーバンGIRL 桜井奈津

今開催は地元ホームバンクのベテラン・成田健児選手に注目です1/1ページ

桜井奈津
桜井奈津

桜井奈津です。川崎競輪場ではナイター開催2日目を迎えます。

4月に行われたGⅠⅠⅠ桜花賞では地元の郡司浩平選手が3連覇! 松浦選手との同着優勝でしたが、しっかりと地元ファンの期待に応えてくれました。勝つことが当たり前で、常に勝つことが求められる立場というのは、私たちの想像をはるかに超えて苦しいでしょう。

そのようななか、日々の弛まぬ努力はもちろんですが、やはり「ホーム」ではいつも以上に応援する声が力へと変わり、本来の、あるいはそれ以上のパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

さて川崎ナイター今開催、私の注目選手は「地元ホームバンク」のベテラン・成田健児選手。直前に走っていた函館GⅠⅠⅠでは確定板に2日間のっていました。特に印象的だったのは2日目のレースです。とにかく目標をギリギリまで見捨てない。慌てて早めに切り替えたりはせず、レースをじっくりと冷静にみて動き、最後の直線でうまいコース取りからぐぐっと伸びる。これぞ職人技といった感じです。

初日もそんな成田選手の技が炸裂(さくれつ)でしたね。レースは高田選手の先行策となり、5番手から成田選手が目標としている蒔田選手がまくりを仕掛けるも、なかなか進まずピンチな展開に。最終3コーナーでは5、6番手と絶望的な位置にいた成田選手でしたが、直線外伸び良くなんと1着! タテ脚も身体の動きもバツグンでした。

ということで、その成田選手が登場する12Rを注目レースにします。好調な橋本選手のラインの3番手。橋本選手が早めにきっちり仕掛ければ本線でのライン決着が濃厚と考えます。番手絶好の山賀選手から、あとは差し脚鋭い杉本選手も絡めて〔7〕-〔1〕〔2〕〔4〕-〔1〕〔2〕〔4〕。

成田選手にとっては、久しぶりの決勝に勝ちあがるには2着までを狙いたいところなので、ゴール前、中割り強襲なら〔4〕-〔1〕〔7〕-〔1〕〔2〕〔7〕も狙いたい。

(女優・モデル)

■桜井奈津(さくらい・なつ) 2016年の某新聞社ミスコンでのグランプリをきっかけに、17年には競輪の予想・妄想の魅力にどっぷりとハマり、とにかくご飯より車券。旅打ちが好きで各地へ脚を運び、19年には全国競輪場全43場を制覇。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 新興勢力が〝ユニークな選挙戦〟 「ガーシー」はショート暴露、「ごぼうの党」は天狗の面で独特な方針示し SNS、政見放送を駆使

  2. 【2022年夏・参院選】愛媛選挙区 立民・高見知佳氏、自民現職の閣僚経験者・山本順三氏と一騎討ち 元女子アナ議員が支援にフル稼働

  3. 【列島エイリアンズ】カモられる外国人編(4) 入管法の違反行為を堂々とアドバイス…事実と異なる業務で就労ビザ申請 面接企業のサクラも要請

  4. 【ニュースの核心】支持率急落の岸田内閣 国民に「何もしない」本質を見抜かれたか 節電ポイント、核共有議論…その場しのぎの弥縫策で火傷の可能性

  5. NHKドラマ、リアルよりファンタジーが主流に?“死者復活”のテーマも登場

  6. 元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド

  7. 参院選・政党別議席予測、自民圧勝の〝死角〟 財政政策、対韓外交で「岸田離れ」も 「自公144議席」 選挙プランナー・松田馨氏が分析

  8. 【日本の解き方】与党の「消費減税で年金カット」発言は国民に対する恫喝そのものだ 消費減退という指摘も的外れ

  9. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  10. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ