昭和天皇の写真をバーナーで焼く…作品は「違法ではない」と地裁 「あいちトリエンナーレ」実行委による訴訟、名古屋市に負担金支払い命令1/1ページ

河村たかし市長
河村たかし市長

愛知県で開かれた芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会が、名古屋市に未払いの負担金約3380万円を支払うよう求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は25日、請求通り全額の支払いを市側に命じた。激しい抗議を受けた、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、灰を足で踏み付けるような映像作品について、地裁は「ハラスメントや違法なものだと断定できない」と指摘した。この判決は、市民や県民、国民の理解を得られるのか?

注目の判決を受けて、名古屋市の河村たかし市長は同日、「判決は著しい事実誤認。こんなことに税金を使われたら怒る人がたくさんいるだろう」「(控訴については)弁護士と相談する」と記者団に話した。

昭和天皇に関する映像作品については、明治天皇の玄孫で、作家の竹田恒泰氏が2019年10月、夕刊フジへの緊急寄稿で、「昭和天皇のご長男の上皇陛下や、孫の天皇陛下をはじめ皇族方は、どのようなお気持ちで、この動画をごらんになったであろうか、察するに余りある」「皇族に限らず、誰でも自分の大切な家族の写真が焼かれて踏まれる動画を見たら、深く傷付くに違いない。多くの国民がこの動画で深く傷付いた」「昭和天皇は、憲法で『日本国』『日本国民統合』の象徴と規定される天皇であらせられた。天皇への侮辱は国家への侮辱であり、国旗を焼くパフォーマンスと同じ要素を持つ」と指摘している。

一方、実行委員会会長である愛知県の大村秀章知事は「私どもの主張が認められた妥当な判決だと受け止めている」とのコメントを出した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  2. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

  4. SPEEDの上原多香子、舞台復帰も道は険し 影落とす過去の不倫報道 ファンから喜びの声の一方で「きちんと説明すべき」と厳しい意見も

  5. 「ちむどんどん」で株急上昇の山中崇 登場する男性キャラが次々やり玉にあげられるも「よき上司」役が好評価

  6. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  7. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 【小林至教授のスポーツ経営学講義】アイフォーン発売15周年 スマホが決定的にしたスポーツのグローバル化 野球はMLB、サッカーはプレミアリーグに一極集中

  10. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ