最新国防ファイル

陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革1/2ページ

横一線に並んだ90式戦車
横一線に並んだ90式戦車

5月22日、陸上自衛隊東千歳駐屯地(北海道千歳市)において、「第7師団創隊67周年・東千歳駐屯地創立68周年記念行事」が挙行された。毎年この時期に行われる恒例行事だが、新型コロナウイルスの感染予防のため、2020年と21年、開催が中止となっていた。

人員約1500人、車両約360両が参加した、堂々たるパレードが行われ、訓練の様子が公開された。注目したいのは、この日参加した車両の多くが戦車であった点だ。

第7師団は、陸自唯一の機甲師団だ。名称に冠している「機甲」とは、戦車のこと。約200両もの戦車が同師団の第71、第72、第73戦車連隊および第7偵察隊に配備されている。

その理由は、北海道とロシアが海を挟んで向かい合っているからだ。冷戦時代は、対ソ連の最前線だった。ソ連は、機甲科を中心とした諸職種共同戦闘大隊を編成し、北海道へと着上陸してくると想定されていた。まさにウクライナ侵攻のような戦術だ。これに対するには、陸自も機甲科を中心に戦力を北海道に集中させるほかなかった。

戦車だけがあればいいという話ではない。普通科(歩兵)や特科(大砲)、施設科(工兵)など、他の戦闘職種から後方支援職種まで、すべて装甲車化した。前線で3個戦車連隊とともに行動をするからだ。こうして、陸自の中でもずば抜けて戦闘力の高い機甲師団が誕生したわけだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  2. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  3. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  4. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  5. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  6. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】完璧主義の中森明菜が2、3時間かけ説得 プロデューサーともめにもめたシングル『I MISSED 〝THE SHOCK〟』

  7. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  8. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  9. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ