ベストセラー健康法

粗食が引き起こす「老け」「高血圧」「脳卒中」 医師監修『「一生老けない」にいいこと超大全』 〝常識〟覆す情報満載1/2ページ

『「一生老けない」にいいこと超大全』(宝島社)1100円税込
『「一生老けない」にいいこと超大全』(宝島社)1100円税込

今や日本は65歳以上の高齢者の割合が28%を超えた「超高齢社会」。一人ひとりが健康寿命を延ばし、若々しくいることが最重要課題である。「老化防止」に良いと言われる方法は多数あるが、中には根拠不明のものや単なる都市伝説も。いったい何が正しくて、何が誤りなのか。

そこで、紹介したいのは120の「老化防止メソッド」を1冊の本。お茶の水健康長寿クリニック院長の白澤卓二医師の監修による『「一生老けない」にいいこと超大全』(宝島社刊)である。

白澤卓二医師
白澤卓二医師

担当編集者は言う。

「『老けたくない』という気持ちは、大人の方であれば多かれ少なかれ共通して持っているものだと思います。『老けない』ための情報はインターネットにさまざまな情報が飛び交っていますが、本書では『食べ物』『食べ方』『運動』『生活習慣』『考え方』といったテーマ別に〝一生老けないためにいいこと〟について、白澤先生監修のもと、医学的根拠に基づく正しい情報を網羅しました。若々しく居続けたい、健康で居続けたいと願う方に読んでもらえれば幸いです」

第一章「知っておくべき『老化の原因』」で、いきなり手が止まる。例えば、以下の内容だ。

《食物繊維のとりすぎは逆効果?》

余計に摂取した食物繊維は、下痢の原因となり、必要なミネラルも排出してしまう。結果、カルシウムや鉄、亜鉛が減少し、骨粗しょう症や貧血、味覚障害などを起こすことも。また、腸の調子が悪くなると、栄養の吸収力が低下し、腸内で作られるビタミンB群も減少する。

《「粗食は健康的」は都市伝説⁉》

ご飯と味噌汁、漬物などの粗食ではタンパク質や資質が不足。貧血や免疫力の低下、筋肉量の減少、エネルギー不足から、老けて見えるだけでなく、高血圧や血管の老化、脳卒中などの原因にも。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  2. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  3. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  4. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  5. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  6. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】完璧主義の中森明菜が2、3時間かけ説得 プロデューサーともめにもめたシングル『I MISSED 〝THE SHOCK〟』

  7. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  8. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  9. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  10. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ