有本香の以読制毒

新・悪の枢軸「中国、ロシア、北朝鮮」が我が国に…ウクライナ情勢で世界が見た「動かない米国」への重大条件 自国を自力で守る“主体的”な対抗策1/3ページ

中国・習氏
中国・習氏

とうとう、「新・悪の枢軸―中国、ロシア、北朝鮮」が、わが国への『武力による威嚇』の色合いを濃くしてきた。私たちも覚悟を決めるときがきたともいえる。24日、中露の爆撃機が日本周辺を編隊飛行したのに続き、25日には、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したのである。同じ25日に、航空自衛隊と米軍が日本海で共同飛行を行ったのはむろん、中露朝への〝対抗〟の意思表示だ。

ロシア・プーチン氏
ロシア・プーチン氏
北朝鮮・金正恩氏
北朝鮮・金正恩氏

いま「すでに有事」と認識すべきだが、永田町には選挙ムードだけが漂う。

「いまが『有事』との認識のある議員はどのぐらいいるのか」という筆者の問いに、自民党重鎮の一人は、「がっかりさせて申し訳ないが、わが党でも半数いないと思う」と眉を曇らす。

「そんな状況で、最初の一発がわが国に着弾したときの対応は大丈夫か」と問うと、「防衛当局は、常にあらゆる事態のシミュレーションをしている」という短い答えが返ってきた。

もちろん、中国やロシアも不用意に「最初の一発」を撃つほど馬鹿ではない。「日米が制空権を奪われない限り、空爆などできるわけもない」と、怖がる国民を嘲笑(あざわら)うような「専門家の見解」もある。

しかし、ウクライナで起きたことを見れば、訳知り顔の「専門家」の「見立て」をあまりあてにすべきでないというのが教訓だ。今後、中露がより頻繁に「威嚇」を繰り返すようになるだろうことは間違いない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【定年後 難民にならない生き方】老後資金、退職後の手続き次第で1000万円以上の差 ルールを把握し、賢く制度を利用する

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ