体が警告! 背中の痛みに潜む病気

「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは1/3ページ

食生活の乱れが肝臓を蝕んでいく
食生活の乱れが肝臓を蝕んでいく

長らく続いたコロナ自粛で、運動不足や偏った食事により脂肪肝になってしまった人がいる。肝臓に5%以上脂肪がたまった状態が、脂肪肝だ。多量飲酒はもとより、単に食べ過ぎて肝臓に余分な脂肪がたまる非アルコール性の脂肪肝の人が増加傾向といわれる。多くの場合は無症状だが、放置して乱れた食生活を改めないと、やがて炎症が広がって肝炎、さらには肝硬変につながるといわれる。では、肝硬変と背中の痛みの関係はどうか。

「肝硬変になると肝臓が萎縮し、周囲の神経を圧迫することもないため、基本的には痛みを伴いません。むしろ、黄疸(おうだん)、食欲不振、全身倦怠(けんたい)感などの症状が強くなります。とはいえ、肝硬変に伴う肝がんの破裂で、右脇腹から背中にかけての激痛により、救急車で運ばれる方もいます」

こう説明するのは、東邦大学医療センター大橋病院消化器内科の渡邉学臨床教授。肝臓病の専門医で、診断・治療を数多く行っている。

「70代や80代で気づかぬうちに非アルコール性脂肪肝炎から肝硬変になり、肝がんを発症する方がいるのです。肝炎ウイルスとは関係なく、食生活の影響が大きいと感じます」

肝硬変になると肝細胞が減少・または死滅することによって、肝臓が硬く変化して機能が低下する。同時に肝がんの発症リスクも高くなる。以前は、C型肝炎ウイルスによるC型肝炎の人が、肝硬変になって肝がんを発症するケースが多かった。今は、C型肝炎の治療法が飛躍的に向上し、C型肝炎ウイルスを排除できるため、C型肝炎による肝がんリスクは減っている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  5. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  6. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

  7. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  8. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  9. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  10. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ