悲願のリニア開業に心残り…JR東海名誉会長・葛西敬之氏死去 「インフラ輸出の目玉」として期待も 川勝静岡県知事の反対で混迷1/2ページ

葛西敬之氏(共同)
葛西敬之氏(共同)

JR東海の葛西敬之名誉会長が25日、亡くなった。享年81。巨額の赤字を抱えた旧国鉄の分割民営化に尽力し、新たに発足したJR東海でも東海道新幹線の整備など、国の根幹となる交通インフラの整備に力を入れた。ただ、悲願だった「リニア中央新幹線」の開業は、環境への悪影響を主張する静岡県の川勝平太知事の強硬な反対で混迷している。日本経済を牽引(けんいん)するはずの国家的事業の現状に、葛西氏は泉下で何を思うのか。

リニアモーターカーは日本経済を活性化させる
リニアモーターカーは日本経済を活性化させる

「利用者の便益、サービスに飛躍をもたらすのが、当社の国家的使命だ」「外部経済効果が極めて大きい超電導リニアは本来、国がやるべき話」「当社が主体となる形でやろうと考えている」

葛西氏はかつて自力建設を進めるリニアへの思いを、こう語っていた。25日早朝、間質性肺炎のため死去した。

1963年に旧国鉄に入った葛西氏は、JR東日本社長を務めた松田昌士氏、JR西日本社長を務めた井手正敬氏とともに徹底した合理化などで分割民営化を内部から主導し、「国鉄改革3人組」と呼ばれた。JR東海では取締役、社長、会長を歴任し、2014年から名誉会長を務めた。

リニアの営業速度は時速500キロで、品川―名古屋を40分で結ぶ。日本経済を活性化させるだけでなく、「インフラ輸出の目玉」としても期待される。中国もリニア開発を進めるなか、一日も早い開業が望まれるが、同県北端の南アルプス地下を通る静岡県が猛反対している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  5. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者

  8. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ