日本の核戦略

核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論 1/2ページ

安倍元首相は「核抑止の議論」が必要と訴えた=4月21日、夕刊フジ主催の憲法シンポジウムで
安倍元首相は「核抑止の議論」が必要と訴えた=4月21日、夕刊フジ主催の憲法シンポジウムで

安倍晋三元首相が、日本も米国との「核共有(核シェアリング)」などを議論すべきだと主張した。戦後、日本の指導者が核問題に正面から取り組むべきだと述べたのは、これが初めてである。太平の眠りを覚ます、勇気ある発言だと思う。

「台湾有事」における中国の核恫喝(どうかつ)がリアルになってきた今日、日本の政治家が核問題から逃げ回ることは、もはや許されない。もう一つの広島、長崎を生んだら誰が責任を取るのか。それとも、中国に屈服して台湾戦線から離脱し、3四半世紀にわたりアジアの平和を支えてきた日米同盟を消滅させるのか。

日本独自の核武装は難しい。米国の核抑止力の信頼性を向上させるしかない。「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」というのは無知な議論である。ピストルを持った敵にピストルを向けるから撃たれないのである。果物ナイフを持ち出しても、土下座して許しを乞うても、安全は保障されない。

日本は、冷戦中、大陸における巨大な戦車軍団の進軍を核で止めねばならなかったドイツとは戦略環境が異なる。島国の日本は巨大な堀に囲まれた江戸城のようなものである。「核攻撃に対して、核攻撃で報復する」という意思がはっきり見えればよい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  2. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  3. 【定年後 難民にならない生き方】厳しい〝再雇用〟の現実 年収1000万円から200万円台に 早期退職して転職や起業も視野に

  4. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  5. 【検査で助かる!? 脳卒中の危機に挑む】6種類の検査で脳梗塞を未然に防ぐ 高齢者の発症リスク高まる 歌手・あべ静江さんは復帰

  6. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  7. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ

  8. 芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も

  9. 【ぴいぷる】女優、歌手・島田歌穂 レジェンドは健在なり ミュージカル界のプレーイング・マネージャー

  10. 【いまだ輝きは消えず 勝新太郎 時代劇の神髄】緒形拳、石原裕次郎…豪華ゲストが続々出演 「痛快!河内山宗俊」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ