メジャーの旅

後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想1/2ページ

ホワイトソックスのティム・アンダーソン(右)と口論になったドナルドソン(USA TODAY)
ホワイトソックスのティム・アンダーソン(右)と口論になったドナルドソン(USA TODAY)

米国社会と同じく、大リーグでも根強くはびこる人種差別問題。先日はヤンキースのジョシュ・ドナルドソン三塁手が黒人選手に対し不適切発言。アーロン・ブーン監督も「一線を越えていた」との見解を示した。

古くは大リーグ草創期に「球界のゴッドファーザー」と呼ばれ、初の通算3000安打を放ったキャップ・アンソンが白人至上主義者として有名。歴代1位の生涯打率・367を誇る〝球聖〟タイ・カッブも黒人への人種差別主義者だった。

1920年初代コミッショナーに就任したケネソー・マウンテン・ランディスも球界発展に貢献したが人種差別主義者として知られ、44年の死去まで黒人にプレーする機会を与えず。ア、ナ両リーグMVPの盾から彼の名前が消された。

61年当時ツインズのカルビン・グリフィス・オーナーは本拠地移転を成功させた功労者。ただし、彼もまた人種差別主義者であり、殿堂入りロッド・カルーに対し「とんでもない愚か者」と発言。黒人への偏見をあらわにし、銅像が撤去された。

87年にはⅤ9巨人の参考書「ドジャースの戦法」の著者、アル・キャンパニス副会長があるテレビ番組で「黒人監督が少ないのは彼らに何らかの資質が欠けているためだ」と発言。黒人に対する差別発言の責任を取って辞任させられた。

85年レッズの女性オーナーとなったマージ・ショットも度重なる差別発言。大リーグ機構は深刻に受け止め、98年に業務停止命令。翌年には強制的にチーム売却を命じ、球界から追放。地元シンシナティ大の球場からも名前が削除された。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  3. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  4. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  5. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  6. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  7. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  8. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  9. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

  10. 【2022年夏・参院選】「岸田インフレ」猛批判の立憲・泉代表 「生活安全保障」訴え「選挙結果次第で代表交代論浮上も…まさに正念場」伊藤氏

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ