芸能ニュース舞台裏

暴行疑惑のゴタゴタ収まらず…河瀨直美監督、東京五輪公式映画の仕上がりに胸張るも 試写会の会場周辺で上映反対の抗議騒動1/1ページ

河瀨直美監督
河瀨直美監督

東京五輪の公式映画「東京2020オリンピック SIDE:A」の完成披露試写会が今週、東京都内で行われ、河瀨直美監督(52)は「私にしか撮れないものを求められました」と、その仕上がりに胸を張った。

会場には、東京2020オリンピック組織委員会から森喜朗前会長や橋本聖子会長らが駆け付けるなど、〝公式上映〟の雰囲気だったが、「会場周辺では上映反対の抗議行動があり、騒然としていました。五輪そのものに対する抗議が今も続いている感じでしたね」(映画サイトライター)。

河瀨監督はその後、渡仏。カンヌ国際映画祭の「クラシック部門」で同作が公式上映され、拍手喝采を浴びたというニュースが伝えられた。

「そのタイミングを狙ったように『週刊文春』が、河瀨監督のグーパンチ事件を報じています。以前〝暴行〟疑惑が報じられた際は、被害者とされた撮影助手と連名でコメントを出して沈静化できましたが、今回は被害者男性が『殴られたことは事実』と証言していますので、前回のような連名でコメントを発表することはできない。どうするんでしょうね」(週刊誌記者)

一部のゴタゴタが映画界全体のゴタゴタに広がらなければいいが…。 (業界ウオッチャーX)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】最新「政党別議席予測」で明暗 「堅調な自公」に対し「立民の一人負け」か 改憲派、合計177議席に 選挙プランナー松田馨氏が分析

  2. 韓国で〝文前政権狩り〟が加速 職権乱用の疑い、元情報機関トップ2人を検察に告発

  3. 【カワノアユミの盛り場より愛を込めて】ルポぼったくり(2)~たけのこ剥ぎ~ 風俗特有の手口、服を脱いだり細かな行為に追加料金が発生

  4. 【2022年夏・参院選】有名人一騎打ちの長野選挙区 自民・松山三四六氏に「文春砲」「新潮砲」炸裂! 立民・杉尾秀哉氏は「ノーコメント」 夕刊フジ記者がW直撃

  5. ジョンソン英首相 保守党党首辞任へ 秋まで首相継続

  6. シロウト動画は「完全にブルーオーシャン」公然わいせつ逮捕の「RYO&YUU」が語っていた「月300万円の収入」と将来像

  7. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  8. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

  9. 山崎賢人を虜にした広瀬すずの魅力 元カレが”親友“でも関係ない?

  10. 巨人・坂本勇人に〝異変〟 2試合連続で途中交代 「正常ではない」状態続けばコンバート加速も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ