週末、山へ行こう

雨の日でも快適登山! レインウエアを使いこなす 合わせて必ず折り畳み傘も1/2ページ

小雨が降り、風がやや強い稜線で雨具を身につけて歩く=山梨・大菩薩嶺(和氣淳撮影)
小雨が降り、風がやや強い稜線で雨具を身につけて歩く=山梨・大菩薩嶺(和氣淳撮影)

6月に入れば梅雨の訪れも近い。天気予報とにらめっこして、雨が降らないように願う、山好きには悩ましい季節だ。雨が降る日は山に行かない(行きたくない)人でも、歩いていて急な雨に降られることは決して少なくない。山の天気は変わりやすく、山麓の晴れ予報が山での晴れを保証するとは限らない。

登山では「雨具」は必携の装備だ。短時間の低山歩きで晴れ予報なら持ち歩かなくていいという人もいるが、低山ハイキングの講座で晴れ予報にもかかわらず30分ほど土砂降りの雨に見舞われたことのある私にとって、雨具を持ち歩かないという選択肢は、ない。どんな山行でもレインウエアと折り畳み傘は持参する。

雨の日の山はしっとりと幻想的な雰囲気=長野・北八ケ岳
雨の日の山はしっとりと幻想的な雰囲気=長野・北八ケ岳

とはいえ、私の場合、登山、特に低山を歩く最中にレインウエアを着用することはあまりない。湿度の高い雨天時、レインウエアを着用すると、透湿性が高くてもそれなりに蒸れる。とくに暑いとき、急な登りのときは体温が上がり、蒸れると中で結露してシャツを濡らしてしまう。とくに樹林帯にいるときは、少々の雨なら樹林が雨よけになってくれて自分が濡れることはないし、多少の雨でシャツが濡れても、体温で乾くものだ。雨で濡れてしまうのと、結露で濡れてしまうのと、どちらになりそうかを考えて、雨で濡れそうだと思ったタイミングでレインウエアを着用している。

森林限界を超える山で悪天候の場合は、樹林帯から森林限界に出る直前、樹林の中で全部レインウエアを身につける。稜線(りょうせん)に出たとたんに激しい風雨にさらされることも多く、そんな中でザックを下ろしてレインウエアを取り出し、身につけることは難しい。厳しい環境ゆえに「悪い状況」を想定し、先手を打つようにしている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  3. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  4. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  5. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  10. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ