期間限定セール中!ジャージのように快適な「有木 メンズパンツ」1/1ページ

仕事着にもルームウェアにも ヘビロテ確定の「有木 大吟醸メンズパンツ」
仕事着にもルームウェアにも ヘビロテ確定の「有木 大吟醸メンズパンツ」

産経ネットショップでも高い人気を誇る日本のボトムメーカー「有木」。生地から縫製まで純国産にこだわった高い品質のパンツは、年齢による体型の変化をカバーし、体のラインを美しく見せてくれます。また、ジャージのように快適なはき心地で購入者の心を掴んで離しません。

産経ネットショップではそんな有木の一番人気商品「大吟醸メンズパンツ」と、最新作の「コットン100%トリコットベイカーパンツ」を6月30日(木)までの期間限定価格で販売中です。


大吟醸メンズパンツ」(16,500円→15,400円)は同社が長年培ったノウハウを生かし、こだわりの素材と熟練された技術で作り上げたメンズパンツです。

ストレッチの効いた生地が体のラインによくなじみ、肌触りも抜群。よくフィットするのに、お尻やひざ周りなど、伸びて負荷がかかる部分の窮屈さを感じにくいのが特徴。

折り目がきちんとついたセミフォーマルな見た目なので、オフィスに出勤する時の仕事着としても使えます。

伸縮性だけでなく、通気性・吸湿性も高いので暑い季節も熱や湿気を逃がして快適さを保ちます。

シワもほとんど付かず、自宅で洗えて(※手洗い)すぐ乾くのでお手入れも楽らくです。

カラーはブラック、ネイビー、グレー、ホワイト、ベージュの3色展開。サイズはS~LL。


コットン100%トリコットベイカーパンツ」(13,200円→12,100円)は今流行りのベイカーパンツを天然素材で仕立てた同社の最新アイテム。

日本を代表する経編メーカー「三国トリコット」と協業開発した綿100%の天然素材を使用。生地の表面は接触冷感タイプ。肌触りはサラっと滑らかで、通気性も良く、着用時に脚全体がひんやりするので気温や湿度が上昇するこれからの季節に大変重宝します。

前後に4つの大きな四角いパッチポケットをあしらっており、大きめのスマートフォンでも余裕で収納できるほどのゆとりがあります。

シルエットは、足首に向けてラインが細くなるテーパードタイプ。脚をきれいに見せてくれ、ヒップ周りにしっかりとギャザーが入っているため、立体感がスッキリとしたシルエットを演出します。また、ヒップ周りから足先に向けてしっかりと体型にフィットするので、とても自然で快適な着用感が得られます。

ウエストは総ゴム仕様で、まるでジャージのように着脱が楽らく。生地には伸縮性があるので、脚を開いたり膝を曲げるような動作でも、どこかが突っ張るような不快感はほとんどありません。

カラーはブラック、カーキ、ベージュ、テラコッタの4色展開。S・M・L・LL・3Lの5サイズですが、男女兼用の商品のため、男性の場合は通常より1サイズ大きいものを推奨しています。

価格は全て税込み。送料無料。届いてから14日以内であればサイズ交換可能(※)で、返品往復送料も1回は無料です。また、産経ネットショップのご利用が初めてで新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。

価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。<産経ネットショップ>

※破損・汚損・においの付着など商品に使用感が見受けられる場合、商品タグの紛失や破損がある場合は交換不可となります。ご利用ガイド「返品・交換」を必ずご確認の上、お申し込みください。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  2. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  3. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  6. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  7. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ