新・悪韓論

「こんなはずではなかった」韓国・文前大統領の誤算 捜査権限剥奪する法案成立も…検察は元気に押収捜査 糾弾集会から聞こえる罵声も悩みの種1/2ページ

文前大統領は、読み間違えたのか(聯合=共同)
文前大統領は、読み間違えたのか(聯合=共同)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領はいま、包囲網がジワジワと狭まってきたことを実感しているだろう。彼は、山里で崇(あが)められながら暮らす好々爺を夢見てきたようだが、現実は冷たい。「こんなはずではなかった」と叫びたいに違いない。

文政権の与党だった民主党は政権交代の直前、検察から捜査権限を剥奪する法案を強行採決で成立させた。検察を起訴手続きだけ扱う官庁に変え、捜査権限は警察に移す内容だ。

民主党の院内代表(=国対委員長に相当)は「文氏と李在明(イ・ジェミョン)氏を必ず守り抜く」と、法案成立に向けてゲキを飛ばした。つまり〝文在寅・李在明保護法〟なのだ。

韓国の警察は大疑獄事件を捜査した経験がなく、捜査のノウハウがない。この5年間、警察は左翼政権・左翼与党の〝忠実な番犬〟だった。検察の牙を抜き、警察に移植すれば、左翼の政治家は安泰という算段があったのだろう。

検察は当然のことながら法案に猛反対した。が、不思議なことに、法案成立後の検察に動揺は見られない。9月に法律が施行される直前に「違憲立法」と提訴して逆転する作戦のようだ。

検察は意気消沈するどころか、白雲揆(ペク・ウンギュ)元産業通商資源相の事務所を押収捜査した。名目は「ブラックリスト作成による不公正人事疑惑」だが、本当の狙いは虚偽理由による原発の早期稼働停止疑惑だろう。

左翼紙ハンギョレ(5月20日)が、「文在寅政権に対する捜査のシグナルか」と、危機感をあらわにしたわけだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  5. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  6. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  7. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  8. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  9. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

  10. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ