ベストセラー健康法

1週間の献立をまねするだけでダイエット 『もっと! 神やせ 7日間ダイエット』1/2ページ

『もっと! 神やせ 7日間ダイエット』(KADOKAWA)1430円税込
『もっと! 神やせ 7日間ダイエット』(KADOKAWA)1430円税込

いろいろと試してみたものの、即効性がなくて三日坊主でやめてしまう。あるいは空腹に耐えかねて脱落してしまう。糖質制限ダイエットには何となくリスクを感じてしまう。どうせやったって痩せないんだろう…とハナからあきらめている。そんな人向けの、ある意味「最後の砦」のようなダイエット本を紹介する。

「食べて食欲リセット」「運動なしでやせる」などの魅惑的なキャッチコピーが表紙に躍るその本のタイトルは、『もっと! 神やせ 7日間ダイエット』(KADOKAWA刊)。著者はのべ1万人のダイエット指導にあたり、成功に導いてきたという「女性専門トレーナー」の石本哲郎氏。この本は前著『筋トレなし、食べてやせる! 神やせ7日間ダイエット』の続編だ。

石本哲郎氏
石本哲郎氏

運動なしで1日3食、糖質OKの献立を1週間、本のまねをして食べるだけで〝神やせ〟が実現するという。

「食事制限+運動、ダイエットに必須のこの2つ。食事制限は一時的にやせても、結局リバウンド。運動にいたっては、運動の習慣をつけるのは至難の業。やせて健康な人を増やしたい石本先生と、どんなダイエット本を試してもやせられなかった編集の私が、絶対にやせるダイエット本を本気で考えて作った1冊です」と語るのはKADOKAWA教養・生活文化統括部 ライフスタイル2部の今野晃子さん。

別項の「神やせメニュー」を見てわかるように、従来のダイエットに伴う「苦痛」や「我慢」がない。前著よりメニューとレシピが増え、食材の選択肢も増えたうえに「やせ効果」もアップしたという。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ