麺喰いにつき

3つの「たて」にこだわった手づくりワンタン 「魁力屋」の東日本風ラーメン1/2ページ

まだインターネットが普及してなかった頃のラーメン食べ歩き時代を知らない人も多くなってきたと思う。他の人がみんなそうだったとは言いませんが、私の場合は『職業別電話帳』です。それすら知らない人も出てきそうですが、小さな広告代理店の営業職だった私は首都圏の知らない駅に降り立つと駅前の電話ボックスに行き、職業別電話帳で〝ラーメン店検索〟をします。

ポケット地図を持ち歩いているので、徒歩圏内で行けそうな場所で「ここぞ!」という店名を選択するのです(笑)。そりゃ~当たりハズレは有りますとも。それだけに宝探し的な感じが面白かったのと、宝を見つけたときの喜びは大変な物でした。

そんな店名検索をしていた私からすると、〝ここは行かなきゃ〟と思う新店がありました。それが「月見ワンタンメン専門店 三日月 大森北口店」(東京都品川区)。このお店を作った人のコンセプトがうまいですね。〝ワンタンメン〟で〝三日月〟ですからね。山形県のご当地ラーメン「酒田」をイメージさせておきながら、実はそうではない、という巧みさ。昔ながらの食堂あるいは、老舗をイメージする淡麗系をベースとしながら、〝煮干しブラック〟という今風のキーワードも忘れない。開発担当者にインタビューしてみたいくらい。

その正体は2005年京都で創業し、今や全国100店舗以上を展開する「魁力屋」グループ。これまでは京都風の背脂醤油ラーメンで展開していたが、東日本風のラーメンを出してきたのだ。主なメニューは月見ワンタンメン(淡麗醤油・煮干ブラック)、ワンタンメン(淡麗醤油・煮干ブラック)、とワンタンメン推し。

ランチは半チャーハン+140円、唐揚げセット+190円とお得。逆に夜は小皿中華と〆の一品としてハーフラーメンがある。なかなかよく考えられた構成。頼んだのはトップメニューの月見ワンタンメンを煮干しブラックで。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 19歳女性と連続デート、お見送り芸人しんいち〝7股中〟文春砲も「ダメージなし」の理由

  3. まさかの「8・11」に中田翔、巨人の第91代4番就任 1年前に日本ハムで無期限出場停止処分発表

  4. 沖縄周辺で中国念頭、日米の戦闘機10機が訓練 中国軍は台湾海峡での軍事圧力を常態化

  5. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  6. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

  7. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  8. 北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も

  9. 【テレビ用語の基礎知識】「第7波」 ロケやめます、とは言い出しにくい? 各局横並びで様子をうかがっている状況

  10. 「死ぬまでやります」三遊亭円楽、脳梗塞から涙の高座復帰 高次脳機能障害を明かす

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ