ブラックジャックを探せ

在宅医療の名医(1) 滋賀県で初の緩和ケア中心の医院を開業 ピースホームケアクリニック院長・平本秀二さん1/2ページ

ピースホームケアクリニック(大津市)院長 平本秀二さん
ピースホームケアクリニック(大津市)院長 平本秀二さん

京阪電鉄京津線追分駅近くにある「ピースホームケアクリニック」(大津市)は、在宅緩和ケア中心のクリニック。院長の平本秀二医師は、京都市内の病院で消化器内科と腫瘍内科、緩和ケアの臨床実績を重ねてきた在宅医だ。

元は消化器内科医だったが、義母をがんで亡くしたことから、がんを総合的に診たいと考え、腫瘍内科に軸足を移した。当時、近畿一帯で腫瘍内科を専門的に行う病院は少なかったが、国立がん研究センターへの国内留学などを経て、臨床と研究の両面からがん治療を考えるようになる。

そんな平本医師が開業へと舵を切ったのは、緩和ケアとの出合いから。

「当時の上司が、がん治療と緩和ケアを途切れることなく行うことを実践していて、それを見るうちに患者さんの生きがいを重視し、生活を支える医療に興味を持つようになっていったのです」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  2. 「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート

  3. プーチン氏〝大誤算〟の北欧2国NATO入り トルコが一転支持、火事場で漁夫の利 G7同様に対中露で結束 岸田首相に求められる役割は

  4. 大泉洋出演の「鎌倉殿の13人」と「水曜どうでしょう」奇妙な一致 頼朝の落馬の放送日と本人も「死ぬかと思った」と語る「ウィリー事件」が同じとは

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】親会社なのになぜライバルアーティスト? 「パイオニア」CM起用の舞台裏

  6. 〝文在寅氏狩り〟韓国・尹大統領 北朝鮮軍による射殺事件、救助指示を出さなかった「疑惑の6時間」にメス 原発、地方選や土地投機疑惑などにも

  7. 「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ

  8. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷

  9. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  10. 【日本の解き方】野党やマスコミがいう「物価高」「インフレ」は本当か 食品とエネルギー高が実態だ 真の問題は消費喚起策の不在

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ