勝者のワザ

ドローからフェードボールへの転換で復活 リゾートトラストレディス優勝・小祝さくら1/2ページ

フェードで勝った小祝
フェードで勝った小祝

3日目に64をマークしてトップに立った小祝さくらが、最終日には足踏み状態ながら逃げ切って昨年8月以来の今シーズン初優勝を遂げた。

今年の小祝は大きな転換期を迎えていた。兆しは昨年後半からあった。アマチュア時代からの持ち球であったドローボールの精度が落ち始めていたのだ。

左への曲がり幅が大きくなり、左ラフに打ち込むシーンが目立つようになった。修正のために試行錯誤を繰り返してはいたが、納得できる結果は得られなかった。

長年アドバイスを受けてきた辻コーチから離れ、自身で道を切り開くことを決めた小祝の試行錯誤は今シーズンも続いた。このままでは、答えを見つけられない。追い込まれて、新コーチにアドバイスを受けることにしたのだが、さて、だれに教えてもらえばいいのか…。

自分でネットで調べ、兵庫県に拠点をおき、谷原秀人はじめ男女プロを教えている、吉田直樹コーチに連絡してようやく話がまとまった。

まず、曲がり幅を少なくしてコントロール性を高めること。さらには、ドローボールだけでなく、フェードボールも打てるようにしてゴルフの幅を広げること。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 【日本の元気 山根一眞】実現可能!?米国で研究進む「蚊型ドローン」の脅威 極小カメラ搭載、標的の血を持ち帰ることでDNA鑑定も可能

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ