「これで乗っていける」日本ハム・新庄ビッグボス、瀕死の虎に余裕のエール 16年ぶり〝凱旋試合〟もまさかの大逆転負け1/1ページ

本塁打を放った万波(左)を迎える新庄監督=3日、甲子園
本塁打を放った万波(左)を迎える新庄監督=3日、甲子園

新庄剛志監督(53)率いる日本ハムが3日の阪神戦(甲子園)で、大山悠輔内野手(27)に1試合3発を浴びるなど、16年ぶりの〝凱旋試合〟もまさかの6点差大逆転負け。それでも敵地・甲子園で今季最多4万2574人を大いに沸かせた。

試合前は「17歳でここで育てられ、監督になってまた戻ってくることができ、なんか胸が熱くなった」と感激モードだった新庄監督。大逆転負けでもどこ吹く風で「ものすごい面白いゲームだったからうれしい。選手も幸せでしょ、満員の真っ黄色のスタンドの中で、財産になると思いますよ」と笑顔だったが、これだけでは終わらない。

同じリーグ最下位に沈む古巣・阪神に「印象は今乗ってきている。勝敗も一緒ぐらいでしょ。ウチもタイガースもいい試合をして勝ちも出てきてね。オレの時代では初回に2点取られたら終わりだった(笑)。今はそういうことがないと思うからいい粘りをしたと思う。タイガースはこれで乗っていけるよね」と余裕のエールまで送った。

劇勝した阪神・矢野燿大監督(53)に対して「今シーズンの中でも一番うれしいゲーム。きっかけには間違いなくなる」などと言わしめたのは、さすがはBIGBOSSか。負けても役者である。 (岩崎正範)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  7. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  8. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  9. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  10. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ