トップ直撃

「『宿が命』と書いて宿命」アパ新時代へ舵取り 新たな経営体制で「より良いホテル」へ進化 アパグループ・元谷一志社長兼CEO1/3ページ

アパグループの元谷一志社長
アパグループの元谷一志社長

「『宿が命』と書いて宿命」と話すのは、アパホテルなど国内外でホテルチェーンを展開するアパグループの元谷一志社長兼CEO(51)。幼いころから父で創業者の元谷外志雄会長の後継者として育てられ、経営者への道も宿命だと感じているという。創業51年の会社と同じ年に生まれた新CEOは、4月からの新たな経営体制で、「より良いホテル」へ進化を続けると意気込む。

――社長兼CEO就任のいきさつは

「3月15日に元谷会長(当時代表)に『4月から代替わりだ』と言われました。50年連続黒字を計上し、新しい時代に移行したいということで、快諾しました。前日の3月14日が会長と元谷芙美子アパホテル社長の結婚記念日だったので、そのときに話し合われたのかなと思っています」

2016年2月、コーストホテル買収のため出張したカナダで
2016年2月、コーストホテル買収のため出張したカナダで

――仕事の内容は変わりましたか

「全国のホテルの事業計画の立案、改装計画や営業の企画、広報戦略、出店戦略などを最高経営責任者として経営判断していくことになります。日本の人口が減少するなか、ホテル業界はコロナ禍終息後、訪日外国人需要が期待できるため、将来的な展望は明るいと考えています」

――経営するうえで守っていく部分は

「『進化するアパホテル』というところですね。一例を挙げると、いまではWi―Fi完備のホテルがスタンダードですが、10年前はそうではありませんでした。Wi―Fiが付くと、デスクではなくベッドで仕事をするようになったので、ベッドの上を明るくするシーリングライトの設置を開始しています」

100キロウォークの大会に7年連続で出場、完歩した

――常に改善を進めていくということですね

「『Even Better! APAHOTEL』というキャッチフレーズを掲げています。良いものをさらにより良くという意味が込められています。北米で展開する『コーストホテル』も温水洗浄トイレや大型テレビ、バスタブを導入するなどアパホテルの要素を入れていくことで、北米のお客さまに満足していただいています」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  5. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「数百億円」男・佐々木朗希でロッテ観客動員増、広告効果大! 球団マーケティングで「ライト層」「若年層」増加が顕著

  10. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ