元文春エース記者 竜太郎が見た!

ワイドショー〝新ネタ〟給付金詐欺逃亡犯の素性 「外見は平凡な太ったおじさん…オラオラ系とは真逆のタイプ」1/2ページ

谷口光弘容疑者(共同)
谷口光弘容疑者(共同)

「最近のワイドショーはウクライナ、知床遊覧船、北朝鮮の話題で回していますが、新たに加わったのがコロナ禍の〝給付金詐欺〟。当初から制度的な問題が指摘されていましたが、不正受給が続々と事件化しています」(ワイドショーデスク)

先日、持続化給付金約10億円をだまし取ったとされる容疑で全国に指名手配されたのは谷口光弘容疑者(47)。警視庁は、谷口容疑者の妻と2人の息子を詐欺容疑で逮捕している。

「ニュースで顔を見たとき、びっくり。さらに10億円という金額に二度びっくりしました」

こう語るのは2020年5月に谷口容疑者と初めて会った自営業者のA氏。知人から給付金申請の代行業者と紹介されたという。当時、谷口容疑者は東京都港区の溜池にある賃貸マンションに事務所を構えていた。

「第一印象は優しそう。給付金について何もわからない私に『こっちでやりますから』と親切にしてくれて、報酬は15万円でしたが、実際にお金をもらうことができましたから、私からすると『いい人』。外見は平凡な太ったおじさん。世間は勘違いしていますが、オラオラ系とは真逆なタイプ。六本木や麻布十番の喫茶店で指導を受けましたが、すごく忙しそうで、カバンは申請書でパンパンにふくらんでいた」

同年10月、A氏は給付金が未申請の友人を谷口容疑者に紹介しようとしたところ、「LINEで『いまはちょっと難しくなってきた』と断られた。同時期、警察が関係者を事情聴取し、谷口容疑者の居所を探していたことがわかり、様子がおかしいと初めて気づきました。しかし手口や詳細はわかりません。その年の暮れに『谷口容疑者がインドネシアに逃げた』という噂を耳にしました。そして忘れた頃に、今回の報道が出たわけです」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  10. 日米戦闘機52機が異例の大規模訓練 中国・ロシアへの抑止力示す 参院選や安倍元首相暗殺も影響か

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ