「手も足もヒットも出ません」新庄ビッグボスやられた! 日本ハム、札幌ドームで初ノーヒッター喫し最下位転落 DeNA・今永に翻弄され1/2ページ

新庄監督はチーム37年ぶりの屈辱となった=7日、札幌ドーム
新庄監督はチーム37年ぶりの屈辱となった=7日、札幌ドーム

BIGBOSSやられた‼ 日本ハムは7日のDeNA戦(札幌ドーム)で今永昇太投手(28)にプロ野球史上85人目、通算96度目のノーヒットノーランを達成された。

新庄剛志監督(50)は「手も足もヒットも出ません」と脱帽。2回2死から、四球で唯一出塁した清宮幸太郎内野手(23)が、試合後に涙を拭うようなしぐさを見せたことに「それだけ悔しい気持ちがあるんだったら次につながると思うし、それも成長の一つ」と期待したが、今季2度目の5連敗で借金は今季最多タイの14に膨らみ、交流戦は4勝9敗で広島と並んで最下位に転落した。

ノーヒッターでポーズをとる今永
ノーヒッターでポーズをとる今永

金子誠野手総合兼打撃コーチは「ボール球を振って直球を見逃すのが最初の2イニングくらい。悪循環のスタートだった。球数も含めて、今永のプランの中に収まってしまった」とお手上げ。

リーグ打率トップの松本剛外野手(28)も「うちの打線のことをしっかり分かっていた。どんどん振る打者が多いので、かわすところはかわして(勝負に)いくところはいって、そのへんは素晴らしかった」と手玉に取られた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  4. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  5. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ