ノマドの窓~渡る世間はネタばかり~

転石苔むさず!コロッケがまだまだ行く 80年代の漫才ブームから40年以上、もがいてきた日々あってこその凄いステージ1/2ページ

勝手にやっても許されるほどおもしろい
勝手にやっても許されるほどおもしろい

コロッケという名の〝モノマネ・アーティスト〟をはじめて見たのは42年前。東京・代々木にあった山野ホールの楽屋だった。当時、高視聴率を誇った日本テレビの人気番組「お笑いスター誕生!!」の収録現場だ。

1980年は、漫才ブームが日本列島を席巻した年で、朝から晩までお笑い!お笑い!お笑い!という日々だった。その流れで、まだ素人でも実力のある人材を発掘しようという意図で企画されたのがこの〝お笑いスタ誕〟で、大学生だった私も同級生の北野誠と「誠&がっしゃん」という漫才コンビを組んで出場していたのだ。まだほとんど無名だったシティボーイズ、とんねるず、イッセー尾形などがスターを目指して、毎週しのぎを削っていた。

誰もがオリジナル性を追求していたけれど、漫才・コント・漫談の亜流からなかなか突き抜けられず苦しんでいた。そんな中、モノマネというジャンルの芸人は少なく、思い返すとコロッケとあと数人だけだったかもしれない。

彼はそれまでの常識だった「声マネ」に顔芸を加え、大げさにアレンジしたパフォーマンスを繰り出して観客を爆笑させた。審査員たち(赤塚不二夫・タモリ・京唄子らそうそうたる顔ぶれ)や司会の山田康雄、中尾ミエらも毎回唖然となって言葉をなくし絶賛していた。

その勢いでプロとしてデビューすると、コロッケはそれまで見たことのないモノマネで(野球の投手で言えば変化球や魔球を投げ込んで)見るものにお腹を抱えさせるのだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  8. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ