「鎌倉殿の13人」後半戦のキーパーソンたち

公暁と源仲章 実朝に浴びせた「一ノ刀」は一瞬の狂気?冷静なかたき討ち?1/2ページ

寛一郎が演じる公暁も歴史では謀略の中で討たれる
寛一郎が演じる公暁も歴史では謀略の中で討たれる

将軍補佐役となった13人との対立を経て、伊豆に流された二代将軍・源頼家(金子大地)は暗殺された。公暁はその頼家の子で幼名善哉。父の死後、叔父の三代将軍実朝の猶子となった。少年期に出家して近江の国の寺で修行していたが、後に鎌倉に戻り、鶴岡八幡宮で庶務をつかさどる別当になる。

事件が起きたのは、建保7(1219)年の1月。実朝が右大臣に任じられたことを祝う儀式のため、鶴岡八幡宮に参詣したところを公暁が襲撃し殺害してしまう。歴史書「愚管抄」によると、公暁が実朝に「一ノ刀」を浴びせた際、「親のかたきをとる」と叫んだのを多くの者がはっきり聞いたという。襲撃後、公暁は三浦義村(山本耕史)に味方になってもらえるように相談したいと使者を送るが、義村は北条義時(小栗旬)に連絡。義時はすぐに公暁を討つように命じ、義村の手勢により、公暁は討たれた。享年20。義時は自ら首実検をしたという。公暁を演じるのは、寛一郎。「鎌倉殿」で上総広常を演じて強烈な印象を残した佐藤浩市の息子だ。一瞬の狂気? 冷静なかたき討ち? どんな「一ノ刀」となるか、話題になるのは間違いない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  5. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「数百億円」男・佐々木朗希でロッテ観客動員増、広告効果大! 球団マーケティングで「ライト層」「若年層」増加が顕著

  10. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ