なべ親子が意外な!?舞台初共演 なべやかん「座長に怒られないかドキドキします(笑)」 吉本興業110周年記念公演「吹けば飛ぶよな男だが」1/1ページ

舞台を前に意気込む、なべおさみ(左)となべやかん
舞台を前に意気込む、なべおさみ(左)となべやかん

■11、12日徳島 18、19日高知 25、26日愛媛

吉本興業の創業110周年を記念した「110周年感謝祭」として、なべおさみ率いる一座の特別公演「吹けば飛ぶよな男だが」が四国で6月に開催される。11、12日は徳島の脇町劇場(オデオン座)、18、19日は高知の弁天座、25、26日に愛媛の内子座と3週続けて土日の公演だ。

1968年の映画「吹けば飛ぶよな男だが」(山田洋次監督)をほうふつとさせる物語。原案・演出はなべおさみ、脚本は高畠清、企画協力は山田洋次。おさみにとって座長を務める公演は1992年以来、30年ぶりのこと。

「実際は吉本新喜劇の皆さんのお力を借りて、一丸となった楽しい舞台をお持ちしようと思っています。頑張るぞう!」と意欲的だ。

息子である、なべやかんとの舞台初共演も注目される。

「芸歴31年にして父、おさみと初舞台になります。ドラマで一度、ビデオシネマでも一度しか共演したことがないので、ドキドキです。座長に怒られないかもドキドキします(笑)。また、自分以外、全員が吉本の人というのもドキドキです。これはデビュー当時、大阪の心斎橋2丁目劇場に出たとき以来のことです。どちらも楽しみたいと思います」とやかんは語る。

ストーリーはこうだ。神出鬼没の風来坊、「フーセンのなべ」こと〝なべおさみ〟は吹けば飛ぶよな男のごとく、祭りばやしに誘われて、やってきた。そんななべが、恋する娘への告白をためらう軟弱男にかかわってしまう。男の母親と娘の父親は町一番の犬猿の仲なのだ。〝令和のロミオとジュリエット〟に首を突っ込んだフーセンのなべはどうする。

出演はなべ親子の他に末成映薫、青野敏行、新名徹郎、前田まみ、たくませいこ、堀川絵美ら。舞台のほか、吉本の人気芸人による漫才も上演予定だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  5. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  10. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ