新庄監督に薬物報道 現役最終年にドーピング陽性判定、当時の日本ハム球団代表が認める1/2ページ

早出練習で打撃指導する新庄監督=8日、札幌ドーム
早出練習で打撃指導する新庄監督=8日、札幌ドーム

ニュースサイトの文春オンラインは8日、日本ハム・新庄剛志監督(50)が現役最終年の2006年にドーピング検査で陽性判定を受けていたと報じた。当時の球団代表・小嶋武士氏が認めている。

詳細は10日発売の「文藝春秋」で報じられているが、検査機関からの報告は「覚醒剤成分の検出」だった。球団は警視庁に相談したところ、結果は「覚醒剤と成分がかなり近いアンフェタミン系の薬物」だったが、覚せい剤取締法等で規制されている薬物でなかったため、事件化されることはなかった。

同サイトによると、新庄監督は「サプリメントを飲んでいた。不注意でした。申し訳ない」と説明して球団に謝罪。当時球界ではやった興奮剤「グリーニー」の可能性が高いという。

メジャー関係者は「先に広まったアメリカでは2007年にようやく選手会が『今後使用禁止になりそうだから徐々に量を減らすように』と通達した。日本での薬物検査も今ほど厳格ではないし、外国人選手から勧められてグリーニーを使っていた選手も相当数、いたのではないか」と明かす。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【定年後 難民にならない生き方】老後資金、退職後の手続き次第で1000万円以上の差 ルールを把握し、賢く制度を利用する

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ