俺にも言わせろ

パットうまさ際立った〝小兵〟比嘉一貴と緊張で気持ちに余裕がなかった大槻智春1/2ページ

国内男子ツアープロ№1を決める「BMWツアー選手権森ビル杯」を制したのは、身長158センチの比嘉一貴(27)だった。

テレビ桟敷の俺は、最終組の比嘉が15番ホールでイーグルパットを決め、16、17番で難しいパーパットをねじ込んだのを見て、比嘉の優勝を確信した。パットのうまさが際立っていた比嘉に勝利の女神がほほ笑むと思ったからだ。

最終グリーンでは、決めれば優勝となる3メートル弱のバーディーパットを前に比嘉はアドレスをいったん外した。右手をプルプルと震わせていた。緊張によるしびれを感じ、仕切り直した。俺も経験したが、緊張のしびれは急に手、腕、肩周りに強烈なダルさを覚えて力が入らず、動かせなくなるんだ。

構えを仕切り直す勇気と冷静な判断を持ち合わせていたからこそ、「小さな巨人」比嘉はツアープロの頂点に立てた。

対照的だったのは最終組の2組前でラウンドしていた大槻智春(32)だった。16番ホール終了時点でスコアを8つ伸ばして単独首位に立った。2位に2打差をつけて迎えた17番パー4は平均ストローク4・677の最難関ホール。大槻は2打目をショートして池にブチ込み、ダブルボギー。2打の貯金を吐き出してしまった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  10. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ