「鎌倉殿の13人」後半戦のキーパーソンたち

後鳥羽上皇 読みが甘い…義時の「ラスボス」 歌人としても優れた文武両道の人物1/2ページ

尾上松也演じる後鳥羽上皇はどこまで悪くなれるのか
尾上松也演じる後鳥羽上皇はどこまで悪くなれるのか

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」後半で、北条義時(小栗旬)ら鎌倉勢の強敵となるのが、後鳥羽上皇(尾上松也)だ。思えば、この上皇も波乱の人生をたどったといえる。

高倉天皇の第4皇子として生まれ、寿永2(1183)年、平氏が三種の神器を持ち出して安徳天皇とともに都落ちしたため、神器のないまま即位。当初は祖父の後白河法皇(西田敏行)が院政を行い、建久3(1192)年、法皇没後も九条兼家や源通親らに実権を握られた。そこで18歳のときに土御門天皇に譲位して院政を開始。通親の死後、独裁を始めた。多数の荘園からの財力で鳥羽や宇治に離宮を造営、熊野に28回も参詣するなど権威をアピール。歌人としても優れた文武両道の人物だった。

3代将軍の源実朝(柿澤勇人)は和歌に傾倒。妻も後鳥羽上皇に縁のある娘で、上皇はじわじわと鎌倉に影響力を及ぼす。この辺りはさすが「日本一の大天狗」といわれた策謀家、後白河法皇の孫という感じだが、実朝は跡取りのないままに鶴岡八幡宮で暗殺されてしまう。

その後、かねての約束通り、皇子を将軍に迎えたいと鎌倉から要請されると、上皇は拒否。承久3(1221)年、ついに幕府打倒を目指して挙兵する。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  5. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  6. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  7. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  8. 香港の中国返還25年 習主席、現地入りで統治の「成果」誇示へ 「自由が脅かされている」ジョンソン英首相は懸念表明

  9. 秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者

  10. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ