「ヤクルト1000」絶好調のワケ 国民の多くが悩む睡眠事情が裏付け 日頃の改善策に「寝る前にPC・スマホ避け」「日中は日光を浴びる」と専門医1/2ページ

大ヒット商品となった「ヤクルト1000」(ヤクルト本社提供)
大ヒット商品となった「ヤクルト1000」(ヤクルト本社提供)

睡眠向上やストレスの緩和が期待できるという機能性表示食品「ヤクルト1000」の売れ行きが絶好調だ。主に訪問販売用に2019年10月に発売した同商品と、店頭販売用に21年10月に発売した「Y1000」はいずれも品薄が続く。睡眠に悩みを抱える日本人が少なくないことを裏付けているようだ。

ヤクルト本社広報室によると、増産を予定するのは店頭販売用のY1000で、7月をめどに国内工場に1ラインを新設する。これまで1ラインのみで生産していたため生産体制が倍増することになる。Y1000は当初1日20万本程度の販売目標を掲げていたが「現状の販売数は、販売目標の約4割増で推移している」と担当者。

「Y1000」(ヤクルト本社提供)
「Y1000」(ヤクルト本社提供)

「ストレスや睡眠は社会課題としても認識されていたので、まだ市場としては大きくなかったが、解決に貢献したいという思いで商品化した」と開発の経緯を語る。

厚生労働省が今年1月に発表した21年度版の健康実態調査によると、睡眠の質について男女1344人のうち「寝つきに時間がかかった」「夜間、睡眠途中に目が覚めて困った」など睡眠の質に不満を抱える回答者は計80・6%にのぼった。

生活習慣を見直すことで睡眠にまつわる悩みを解消する手段もある。

高齢者を中心に睡眠障害の治療に取り組み、生活総合情報サイト「オールアバウト」のガイドとしても睡眠に関する情報発信を行う「雨晴クリニック」の坪田聡院長は「睡眠の質は光に影響を受けやすく、スマホやパソコンなどの使用は眠る30分前には控えたい。日中にはしっかりと日光などを浴びることでメリハリが生まれ、入眠しやすい」と解説する。

坪田聡院長(提供写真)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  7. 香港の中国返還25年 習主席、現地入りで統治の「成果」誇示へ 「自由が脅かされている」ジョンソン英首相は懸念表明

  8. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  9. 秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者

  10. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ