ベストセラー健康法

不屈の男から学ぶ「自分でできることは自分でする」大切さ  『あきらめない男 重度障害を負った医師・原田雷太郎』1/3ページ

『あきらめない男 重度障害を負った医師・原田雷太郎』書影(文藝春秋、1870円税込)
『あきらめない男 重度障害を負った医師・原田雷太郎』書影(文藝春秋、1870円税込)

小さなことでクヨクヨしたり、悩んだり、心が折れそうになったりすることはあるもの。しかも年をとると、できないことが増えて、自分自身に失望しそうになる。そんなとき、勇気をくれ、発想を転換させてくれる一冊を紹介したい。

『あきらめない男 重度障害を負った医師・原田雷太郎』(文藝春秋刊)は、医療ジャーナリストの長田昭二氏が5年にわたり取材してきた〝あきらめない男の努力のドキュメンタリー〟である。


原田医師は44歳のある日、激しい吐き気に襲われ、意識を失う。診断結果は「劇症1型糖尿病」。約1カ月間の入院を経て職場に復帰するが、1日3回、計4本のインスリン自己注射を続け、強い疲労に耐えながら診察にあたる日々となる。

2年後、さらに重大な事故が襲う。夜、自宅でトイレに行こうとしたときに低血糖に陥ったのだ。意識を失い階段から転落して脊髄を損傷。46歳にして重度の障害を負ってしまう。首から下でわずかに動くのは右手の親指と人さし指のみ。寝たきりも覚悟しなければならない状況で、社会復帰を志す。それも、「医師としての復帰」を。

本書で描かれるのは、劇的な回復を見せる奇跡の物語ではない。失われた身体の機能を取り戻すためのリハビリに果敢に取り組み、一つ一つ障壁を乗り越えていく。

その原動力は「自分でできることは自分でする」というシンプルな信念。それまでにできた大半のことができなくなっても、見る、聴く、話すこと、医師において非常に重要な「考えて記憶する機能」は正常だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  3. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  4. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  5. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  6. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  7. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  8. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  9. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  10. 【日本の解き方】「節電要請」と「ポイント付与」が電力危機への回避策という政府 エネルギー政策遅れのツケ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ