山口みのり みのりぽーと

「地元GⅠを経験して大きな収穫」パワフルな高橋晋也選手に注目1/1ページ

高橋晋也
高橋晋也

松戸GⅠⅠⅠナイター初日に引き続き「みのりぽーと」をお届けします!

初日特選を振り返ると、脇本雄太選手の先行選手としての技を見たような気がしました。周回中、菊池岳仁選手を抑えていた脇本選手。まるでラインができているような走りだなと思いました。

私は選手ではないので想像するしかありませんが、単騎で抑えるのはリスクがあると思います。

外併走になり消耗する、どかされるとまた最後方へ戻らなくてはいけないなど、ガールズのレースでも見ますよね。

でも、それでも勝てるだけの自信があったのでしょうし、実際に後ろを離して勝ったのです。

思い出話になり恐縮ですが、数年前の脇本選手は着に残れなくても常に先行をして、出すコメントは「いつも通りの走り」。

キャスターの先輩に「このコメントは〝先行〟ってことだよ」と教えてもらいました。「自分のいつもの走りは先行だ」とコメントで主張しているんです。

初日の決まり手は「まくり」でしたが先行選手の走りだったと思いました。

その脇本選手の後ろから先行したのが2日目の注目選手、高橋晋也選手(福島115期)です。

最初は脇本選手マークでしたが一気にカマして先行態勢に入り、巻き返してきた菊池選手も突っ張り、先頭を譲りません。

脇本選手にまくられましたがバック線は2番手あたりでの通過で5着。前検日には「地元GⅠを経験して大きな収穫があった」と話していました。

2日目二次予選7Rでは唯一の3車ラインですし、パワフルなレースを見せて欲しいです。(フリーアナウンサー)

■山口みのり(やまぐち・みのり)1986年9月28日生まれ。三重県出身。ナレーター、MC、キャスター、声優などをマルチにこなす。2012年から松戸競輪を中心に、「SPEEDチャンネル」でMCやリポーターなどを担当。また11年に「世界遺産検定1級」を取得、世界遺産アカデミー認定講師という一面もある。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  10. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ