〝こじるり無双〟正念場? かつてバラエティー席巻も相次ぐレギュラー番組終了 中国進出も視野 一方で井上咲楽が急上昇1/3ページ

小島瑠璃子
小島瑠璃子

〝こじるり無双〟といわれ、バラエティー番組を席巻したタレント、小島瑠璃子(28)が正念場を迎えている。長年出演してきたレギュラー番組を立て続けに降板、終了したのだ。一部では中国進出もささやかれているが、これから先、どのように進んでいくのか。

「愛らしいルックスと細身なのに出るところは出ているトランジスタ・グラマーなボディー。そして機転の利いたコメント力。まさにバラエティーの申し子が〝こじるり〟でした。以前は企画会議で真っ先に名前が挙がるのが小島さんでしたね」と明かすのは制作会社関係者だ。

しかし、最近はその勢いも少々鈍りがちだ。というよりも、レギュラー番組が相次いで終わっているのだ。

「さまぁ~ずの三村マサカズとのラジオ『みむこじラジオ!』が3月で終了したのですが、あまりに唐突過ぎて、打ち切りのような印象すら与えました。4年にわたってナビゲーターを務めてきたNHKの『サイエンスZERO』も降板となりました」とテレビ誌編集者は指摘する。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  8. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  9. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  10. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ