Dr.ムトーの「転ばぬ教室」

「家の中」も油断禁物、転びやすい場所と「タイミング」を意識 階段は緊張が緩む最後の一段にこそ注意1/2ページ

散らかった室内で、つまづくことは意外と多い
散らかった室内で、つまづくことは意外と多い

コロナ禍で長きにわたってステイホームが呼びかけられ、テレワークが広がるなど、家で過ごす時間がすっかり増えました。実はこの「家の中」で、高齢者の転倒の多くは起きています。屋外よりも、居住場所での転倒のほうが多いのです(東京消防庁、2015~19年)。

では、家の中で転倒しやすい場所はどこか。ワースト5を順に挙げると、「浴室」「階段」「台所」「居間」「玄関」になります。

濡れた「浴室」が転倒しやすい場所であることは、前回(第4回)でもお話ししました。浴室にガラス戸がある場合は、転倒してガラスでケガをする恐れがあるのでさらに注意が必要です。

浴室の転倒で思い出すのがジャイアント馬場さんです。元々プロ野球選手で巨人軍の投手としても活躍しましたが、キャンプ中の宿舎の風呂場で転倒し、体ごとガラス戸に突っ込んで、左腕に大ケガをしました。これを機にプロレスラーに転向。つまり転倒がなければ、かの「16文キック」も生まれなかった。転倒は時に、人生を大きく変えるほどの転機になるということです。

以下、家の中の主な注意点を挙げます。

「階段」には、手すりをつけたり、足元を照らす照明をつけるなどの対策が有効です。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  4. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  5. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. クリミアのロシア軍施設で大規模爆発 「パルチザン」の攻撃との報道も

  10. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ