医療新世紀

犬と暮らす高齢者は元気 ペットの健康効果、東京の1万人を調査1/2ページ

カナダの病院で患者を癒やすセラピードッグ(サスカチュワン大提供、ジェーン・スミスさん撮影)
カナダの病院で患者を癒やすセラピードッグ(サスカチュワン大提供、ジェーン・スミスさん撮影)

ペットとのふれ合いは心を豊かにしてくれる。では体の健康に及ぼす効果はどうだろうか。国立環境研究所と東京都健康長寿医療センター研究所のチームが1万人以上の高齢者を調べると、犬を飼っている人は飼ったことがない人に比べ、介護や死亡が発生するリスクが半減することが分かった。日々の散歩や他の飼い主との交流がプラスになっている可能性がある。ペットの健康効果が示された形だが、日本の住宅事情では飼うのが難しい側面も。チームの谷口優・国立環境研究所主任研究員=顔写真=は「高齢化社会に向けて人とペットのよりよい関係を探る必要がある」と話す。

▽動物の恩恵

病気の子どもや体の不自由な人に動物がもたらす恩恵は多い。病院で活躍する「セラピードッグ」が一例。入院して不安や痛みを抱える患者や家族を癒やす。盲導犬や介助犬は周囲や社会とのコミュニケーションを円滑にする効果もある。

谷口優・国立環境研究所主任研究員
谷口優・国立環境研究所主任研究員

カナダの病院は、救急外来で長く待たされる患者のいらだちを鎮めるためにセラピードッグを導入。約200人を対象に調べると、待つ間に犬と10分間ふれ合った人は、何もしなかった人と比べて痛みなどの症状も大きく軽減していた。

ただこうした研究は病気の人が対象の場合がほとんど。谷口さんは「健康に問題のない一般住民を調べた研究は少ない。ペットが健常な高齢者に及ぼす影響を分析してみようと考えた」と話す。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ