そういうことだろ~

どのポジションも激戦区! 代表メンバー入り当落線上…〝もう21歳〟久保はW杯出場へ踏ん張れるのか!?1/2ページ

ランニングする久保(左)。右は長友=12日、大阪府吹田市
ランニングする久保(左)。右は長友=12日、大阪府吹田市

――サッカー日本代表6月4連戦も14日のキリン杯決勝(対チュニジア・吹田)が最終戦

清水「ポイチ(森保一監督)は3試合で平等にテストをしていた」

――ぜひお聞きしたいのはMF久保建英(21)=マジョルカ=です

「とっても一生懸命やっている。それはよくわかるよ。でも…」

――メンバー入りの当落線上は変わりない…

「だろー。ガーナ戦(10日・ノエスタ)の先発はインサイドハーフだった」

――「トップ下(攻撃的MF)の役割もできる」と本人は胸を張っていたが…

「うーん、それは自己アピールさ。ポイチの戦術では南野(リバプール)と堂安(PSV)にも同じことを求め、できている」

――もうひとり、右サイドは伊東(ゲンク)がいます

「久保と一緒に使ったら、ギクシャクして首都高ばりの大渋滞を起こすね。久保の技術と伊東のスピードを試合で合わせる時間もない」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ