ネット騒然銘柄

ダブル・スコープ「大相場に突入!」 SBIの投資判断、目標株価が注目集める1/1ページ

3日、リチウムイオン電池メーカーのダブル・スコープ(6619)が大手掲示板やツイッターなどで盛り上がりを見せた。SBI証券が同銘柄の投資判断「買い」、目標株価2000円(3日終値は1380円)を継続したことが注目を集めているようだ。株価は2020年以降の高値を更新した。

ネット上では、「売り豚(信用売りを煽る人たち)終焉」「大相場に突入!」「短期狙いのトレーダーは失せろ」など、同社の将来性に期待するトレーダーが増勢となっている。ツイッターでは「初心者には怖くて入りづらい」との声もあったが、今後の展開に注目したい。

買いが殺到し、上場2日目に公開価格の2.6倍超まで値上がりしたAIソリューション事業のトリプルアイズ(5026)がネット上で話題を集めた。大型連休以降、初めての新規上場ということも注目の一因になったようだ。3日目は株価が下落に転じたため、2ちゃんねるの株板にはSNSで同銘柄の買いを報告していた某株芸人を嘲笑する書き込みが散見された。6月は13社が新規上場を予定しており、相場も盛り上がりを見せそうだ。 (新井奈央)

【2022年6月7日発行紙面から】

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  3. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  6. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  7. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  8. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  9. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  10. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ