やっぱり最高!80’sサントラはこれを聴け

「フラッシュダンス」「フェーム」 自身の経歴がまるで映画!!歌声が認められ歌手役に アイリーン・キャラ1/2ページ

はつらつとした歌も印象的なアイリーン・キャラ(ゲッティ=共同)
はつらつとした歌も印象的なアイリーン・キャラ(ゲッティ=共同)

熱かった1980年代の洋画サントラを振り返る第2回は、プロのダンサーを目指す若者たちの舞台裏を描いた青春ムービー「フラッシュダンス」(83年、エイドリアン・ライン監督)に注目したい。

イェール大学の学生だったジェニファー・ビールスの本格的な映画デビュー作にして、最大のヒット作。巨匠ジョルジオ・モロダーがプロデュースしたサントラも大ヒットした。

主題歌はアイリーン・キャラの「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」。映画のシーンを生かしたPVはMTV時代にはまり、ビルボードでも1位に。ジェニファーがシンプルな黒いレオタードで踊りまくるPVを覚えている人も多いだろう。

この曲は日本でもカバーされ、中でも麻倉未稀のカバーはドラマ「スチュワーデス物語」(TBS系)の主題歌にもなったことで有名。当時の大映テレビ系ドラマの主題歌は、なぜか洋楽カバーが多かった。

サントラからは、マイケル・センベロの「マニアック」もヒット。こちらはスリリングな曲調のロックナンバーだが、やはりPVではジェニファーのダンスシーンが使われていた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  3. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  4. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  5. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  6. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  7. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  8. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  9. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  10. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ