クーポン配布中

なぜ売れる?3年連続リュック部門売上1位1/1ページ

日常使いに”ちょうどいい”機能が詰まった「FILA(フィラ) ガバッと開くデイパック」
日常使いに”ちょうどいい”機能が詰まった「FILA(フィラ) ガバッと開くデイパック」

産経ネットショップ本店のリュック・バックパック部門において、3年連続で売上No.1の商品があります。それが「FILA(フィラ) ガバッと開くデイパック」です。他にも多くのリュックを販売している中で、なぜこの商品が3年も売上No.1なのか?実は、このリュックには、シニア世代の日常使いに“ちょうどいい”機能が詰まっているのです。

産経ネットショップでは6月30日(木)までの期間限定で、FILA(フィラ)のデイパックに使える300円オフクーポンを配布中です。

FILA(フィラ) ガバッと開くデイパック」(5,390円→クーポン使用で5,090円)は、商品名にもなっている通り、ガバッと大きく開くのがポイント。

底まで見えるので、何がどこにあるか一目瞭然。バッグの中をガサゴソと探すことなく、使いたいものをすぐに見つけることができます。また、持ち手がついているため背負わずに持ち運ぶことが可能。荷物の出し入れが楽でパッと持ち運ぶことができるというトートバッグの利点を取り入れたリュックなのです。

上部のファスナーはダブルファスナーなので、バッグの向きを気にすることなく、どちらからでも開閉できます。リュックは両手が自由になり荷物も軽く感じるというメリットがありますが、荷物を出す際に一度おろさなければいけないことに、少しわずらわしさを感じる方が多いかもしれません。このデイパックにはサイドにファスナーがついているので、背負ったまま荷物を出し入れすることが可能。お財布や携帯電話、折りたたみ傘などをサッと取り出したい時にあると便利な機能です。

外側にはファスナーポケット1つとオープンポケットが2つ、内側には面ファスナーのポケットが1つついており、小物の仕分けや飲み物の収納にちょうどいい大きさです。

サイズはタテが42cm、ヨコが28cmなので女性が背負っても大きすぎることなく、背負いやすいサイズです。一方で、マチが15cmあるため、容量は17.6Lと見た目以上に荷物を入れることができます。最近はアウトドアブームということもあり、一般的なリュックは20L~30Lが主流。しかし、その大きさだと女性やシニア世代の方が背負うには大きすぎる印象に。また、街歩き用のデイパックだと10L~15Lのものが多く、自分の持ち物しか入らないことが多いのです。

FILA(フィラ) ガバッと開くデイパック」は、街歩きサイズのデイパックに見えるものの、容量は17.6Lも入る優れもの。実際に購入された方からは、「出かけた際に買い物に寄っても、リュックに入れて帰れるので便利」「マチがあるので総菜や卵などを水平を保ったまま運べるのがいい」という声が多く、散歩や旅行など身軽に過ごしたい時に使うという用途だけではなく、日常に寄り添うバッグとして高い評価をいただいています。

カラーはブラック、ネイビー、オリーブの3色展開。服や靴とも合わせやすい落ち着いた色とデザインです。本体は軽くて汚れがつきにくいナイロン素材ですので、旅行のお供に、日常使いにと、さまざまなシーンでお使いいただけます。

同シリーズの「FILA(フィラ) はっ水加工ガバッと開くデイパック」(8,789円→クーポン使用で8,489円)も、人気の高い商品です。はっ水加工を施した高級感のある合成皮革を使用しているため、ちょっとした雨でも安心してお使いいただけます。

価格は全て税込み。送料無料。また、産経ネットショップのご利用が初めてで新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。

価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。<産経ネットショップ>

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  3. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  4. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  5. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  6. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  7. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  8. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

  9. 【沖縄が危ない!】沖縄周辺で中国の活動活発化 県民の対中感情悪化も…玉城デニー知事は「一帯一路」に賛意、国際情勢に鈍感な人物

  10. 【日本の解き方】「節電要請」と「ポイント付与」が電力危機への回避策という政府 エネルギー政策遅れのツケ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ