テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣

伝説的な棋士の名言・逸話から学ぶ 羽生さんの決断力と肉食、ヒフミンの強い闘志と対局前のうな重1/3ページ

加藤一二三さん
加藤一二三さん

実は将棋で勝つためにもテストステロンは欠かせないものです。長時間の対局でも集中力を切らさず、勝つために何手も先を読む執着心にはテストステロンが大きく関わっています。今回は伝説的な2人の棋士の名言や逸話から、テストステロンとの関係性を考察します。

①加藤一二三さん

2017年の引退まで現役生活63年、藤井聡太さんが登場するまで、14歳7カ月という史上最年少プロの記録を持っていました。また77歳11カ月の現役最年長記録も持っています。まさにレジェンドです。

長きに渡り第一線で戦い続けられたのは、テストステロンに裏打ちされた「闘志」が大きく関わっていると考えられます。加藤さんはヒフミンの愛称で知られ、バラエティー番組などでも親しみ深いキャラクターで人気ですが、本業は棋士ですから当然負けることが大嫌いだそうです。

ご本人は「闘志」には「ひとに負けまいという闘争心」と「将棋を深く知りたいという探究心」があると語っています(なんと、17歳のときの発言です)。両方とも、テストステロンが大きく関係していますね。

また対局の際には、睾丸を健康にしてテストステロンを増やす働きのあるビタミンEを豊富に含むうな重を必ず食べていたことも有名な話です。そのほかにステーキ、サーモン、チョコレートといったテストステロンを高める食べ物も好物だそうです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  3. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  7. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

  8. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  9. 【実況・小野塚康之 時代を越える名調子】夏の甲子園観戦記 注目の投手対決 近江vs鳴門 崩れた近江の強み〝堅守〟救う山田の三振モード・ギアチェンジ!

  10. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ